無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体温調整が難しかった夏の疲れの影響?秋バテを解消しよう!秋の冷え取り食材と食べ方

今年の夏は、猛暑に、オフィス環境やお部屋の環境など生活様式の変化やストレスにより、疲れが取れない…という不調を抱えている人は多いのではないでしょうか。秋のはじめに起こりやすい「秋バテ」が原因かもしれません。秋バテは、冷たい物を食べることによって不調の原因になることも。今回は、そんな秋バテを解消する食べ方についてご紹介します。

ライフスタイル

「最近、疲れ気味…」それは秋バテかも

記録的な猛暑が続き、とにかく暑く、さらにエアコンと換気とマスク…体温調整が本当に難しい今年の夏でしたね。暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑さが残る時期。何となく調子が悪い、体がだるい、食欲がない、眠れない…。

こんな症状に悩まされていませんか?それは、「秋バテ」の可能性があります。「秋バテ」とは、夏の暑さも和らいできたにもかかわらず、カラダがだるい、疲れやすいなどのカラダの不調が続いている状態です。原因としては夏の間の冷房や冷たい物の取りすぎや、ストレスなどによる自律神経が乱れがあります。また、秋の朝昼夜の寒暖差や長雨などの低気圧の影響が加わって起きてきます。

お腹冷えていませんか?内臓の冷えに要注意!

秋バテの原因の1つ目は、暑い時期に冷たいものを摂りすぎて胃腸の機能が低下した「内臓の冷え」があります。暑い季節は体も熱を持つため、自然と冷たい飲み物を摂る機会が増えます。冷えた飲み物を摂りすぎれば、内臓はどんどん冷えていき、血流が悪化します。すると、消化機能や免疫力が下がり、「疲れが抜けない」「体がだるい」「食欲がわかない」などの不調を感じてしまいます。

夏の生活習慣を続けていると、常に体が冷えている状態になってしまうので、秋の生活習慣にシフトすることが必要です。冷たい飲み物はできるだけ避け、常温の飲み物や温かい物を飲むように心がけてみましょう。

秋食材でカラダの内側からぽかぽかケア

旬の秋食材である根菜類は、おいしいだけではなく、栄養価も高い食材です。根菜類には、カラダを温めたり、引き締める性質をもつ食材なので、積極的に取り入れていきましょう。また、料理のポイントは、野菜を小さく切ってしっかり火を入れ、少し油を使って焼いたり、また蒸したりして、カラダを温めていく調理がおススメです。この季節に、しっかりカラダを温めると免疫力が高まりますよ。

photo by Adobe Stock

秋の根菜類である、さつま芋、カブ、大根、蓮根、かぶなどの食材をつかって、野菜蒸し、お味噌汁、スープ、ポトフなど野菜たっぷりなヘルシー料理を楽しみましょう。美味しく食べて、しっかりと栄養補給して、胃腸の環境を整え体の内側から温めて過ごしましょう♪

ライター/佐藤舞

豊富な知識と、ローフードやヨガインストラクターの資格をもち、楽しみながら実践するオーガニック&ヨガライフを提案。毎日の暮らしの中に「Inner Peace」を大切に、心潤うライフスタイルを送る。休日の楽しみは、料理や、ファーマーズマーケットで生産者さんとの直接の交流を深める時間を過ごすこと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ