無料の会員登録をすると
お気に入りができます

8畳正方形のお部屋のレイアウト特集!広さや間取りを活かしたアイデアを紹介!

インテリア

8畳正方形のお部屋のレイアウト例をご紹介

8畳正方形のお部屋では、どのようにレイアウトするかによってインテリアの印象ががらりと変わります。また、レイアウト次第では狭く見えていたお部屋を広く見せることができたり、おしゃれですごしやすいお部屋が作れたりします。

そこで今回は、8畳正方形のお部屋のレイアウトの参考になる実例をまとめました。

目次

8畳正方形のお部屋のレイアウト例《ソファ》

リラックスできるお部屋のレイアウト

ソファはインテリアの印象を決める重要な家具です。

お部屋の中央ではなく、壁際にリラックススペースを作ってソファを置くと、お部屋が狭いとは感じず広々と使えます。

また、テレビはお部屋の隅に置くと、ソファに座りながらテレビが見られますね。

一人暮らしのワンルームにもおすすめのレイアウト例で、カーペットでリラックススペースを区切っているのも大人女子が参考にしたいポイントです。

圧迫感がないお部屋のレイアウト

ワンルームや一人暮らしのお部屋で圧迫感を出したくない場合は、背が低めのソファをレイアウトするのがおすすめです。

背が低い家具で統一することで、お部屋がなんだか狭いと感じることもなく広く見せられておしゃれですよ。

また、淡い色のソファやクッションで統一するのも素敵なインテリアコーディネートで、落ち着きがあって大人女子にぴったりです。

角も活かすお部屋のレイアウト

お部屋の角にあえてソファをレイアウトするのも、お部屋を広々と使えておすすめです。

ソファのまわりにスワッグなど場所を取らないインテリアアイテムをプラスすることで、ぐっとおしゃれな大人女子も真似したいインテリアコーディネートになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ