無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便利なクエン酸掃除のやり方をマスター!簡単なコツや効果的な場所をご紹介♪

ライフスタイル

丁寧な暮らしを実践する方々の間で定番化した、ナチュラルクリーニング。ナチュラルクリーニングで用いられるクエン酸は弱酸性のため、アルカリ性の汚れを落とす効果があります。

クエン酸パックのやり方は、掃除したい箇所にキッチンペーパーなど厚手の紙をかぶせて、クエン酸水をたっぷりスプレー。

トイレの尿汚れ落としと消臭目的の場合は30分ほど放置します。時間が経ったらキッチンペーパーを剥がして拭き上げれば便座が綺麗になりますよ。

クエン酸パックはガンコな水垢にも最適

シャワーヘッドや水道付近の壁に白い粉のような水垢がびっしり。

ガンコな水垢にもクエン酸パックがおすすめです。キッチンペーパーにクエン酸を吹きつけたら、全体をラップで覆います。

1〜2時間後に剥がして拭き取りましょう。水垢がポロポロと簡単に取れますよ。

クエン酸は大理石には使えないため、お風呂の壁に大理石を使っている場合はクエン酸が触れないよう注意しましょう。

大掃除には鏡をクエン酸パック

掃除をこまめにしても、毎日水が触れる鏡では水垢が発生しやすいもの。

普段の掃除ではクエン酸スプレーで拭き掃除、大掃除ではクエン酸パックがおすすめです。

鏡全体にキッチンペーパーを押しつけ、クエン酸水をたっぷりスプレー。

鏡よりやや大きめの面積を覆うようにラップをして1〜2時間待ちます。剥がした後はメラミンスポンジで軽く擦るとピカピカになりますよ。

ガスレンジ掃除のコツはクエン酸

表に出ている五徳は洗っていても、根元のガスレンジまで掃除をすることはあまりありませんよね。クエン酸パックはガスレンジの掃除にも使えます。

ガスレンジ掃除のやり方は、ガスレンジにクエン酸水を含ませたキッチンペーパーを巻き付けます。

綺麗に汚れを取るコツは、先に油汚れをとっておくこと。油汚れは酸性の汚れなので、重曹などアルカリ性の成分で掃除しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ