無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋ムードを盛り上げる♡「色っぽハーフアップ」アレンジ12選

ヘアスタイル

8.裏編み込みハーフアップ

編み込みを「裏」向きにしたハーフアップ。裏にすることで立体感が出て華やかに仕上がります。編み込みは難しいイメージがありますが、三つ編みができれば大丈夫!髪をすくいながら三つ編みをするだけなので、意外と簡単です。

①最初に軽く巻いておくと◎。
②トップの髪を分けとり、3等分する。
③三つ編みとは逆に、束を下に潜らせて編む。
④サイドの髪を少しずつすくい、裏編み込みしていく。
⑤ふんわりほぐしてヘアアクセで飾る。

9.編み込みバングハーフアップ

前髪を含めてアレンジをするハーフアップです。ロープ編みをするので前髪が短くても大丈夫!おでこを出すだけで雰囲気がガラッと変わるので、1dayイメチェンにピッタリです。

①前髪を6:4で分け、6の方をロープ編みしてほぐす。
②4の方から2cm幅で束を取り、ロープ編みして①と合わせる。
③反対側も適量をロープ編みしてほぐし、後ろで②の束と合わせて結ぶ。
④お好みで巻く。

10.お団子ハーフアップ

お団子のハーフアップは「子供っぽい」イメージがありますが、高さを調整すればグッと落ち着いた雰囲気になります。お団子はほぐしながら大きくしていくので、最初の輪っかは小さめに作るのがバランス良く仕上げるポイントです。

①分け目をギザギザに取り、後頭部の低い位置で小さく輪っかのお団子を作る。
②土台をほぐす。
③お団子を上下左右に引き裂くようにたっぷり大きくほぐす。
④お団子を広げるように、所々をピンで固定する。

11.スカーフ使いハーフアップ

高めのお団子ハーフアップがしたい!そんな時はスカーフと合わせると◎。光沢のある生地がお団子の可愛さを上品に引き立ててくれますよ。スカーフは、中途半端に結ぶより、ドーンと目立たせる方がオシャレ見えします。

①分け目をギザギザに取り、頂点で輪っかのお団子作る。
②お団子を少しほぐす。
③スカーフで作ったリボンをつけて整える。
④お好みで巻く。

記事に関するお問い合わせ