無料の会員登録をすると
お気に入りができます

テレビの配置のアイデア実例!リビングの窓やソファとの見やすい位置関係をご紹介!

インテリア

テレビの配置のアイデア実例

一日の終わりや休日に、ゆったりとなごめるリビングを作るには、テレビは欠かせない存在。けれどもそのレイアウトを何となく決めていませんか。テレビやDVDを長時間見ていると疲れてしまうことも。

もしかしたら理想的な配置からかけ離れているかもしれません。こちらではグッと過ごしやすくなるソファやテーブル、窓との位置関係をご紹介。心ほぐれるアイデア実例がいっぱいです。

目次

テレビ配置のアイデア《窓に直角①》

右窓から光が入るときのテレビの配置

右側に窓があるマンションのリビングの実例です。テレビを見ていて疲れることはありませんか。頭を上げ気味にしていると疲れやすくなります。

そんなときはテレビボードを低いものに変えて配置しましょう。適正な高さは、画面がソファに腰かけた目線より低くなる位置です。

お花やグリーンを飾るアイデアで、帰ってきたらホッと緊張がほぐれそうなリラックス空間になっています。

テレビを見やすくするなら窓から入る光を調節

テレビに向かって右側に窓があります。テレビとソファが二の字になるように対面していますね。

このように配置すると太陽の光が入り、見えにくくなる時間帯もあります。けれどもブラインドがあれば大丈夫です。

入り込む日差しを調節できるので、快適に見れられますよ。

テーブルの脚のデザインが繊細でおしゃれ。毛足の長いラグの手触りが、心地よさそうな実例です。

左から光が差し込むテレビの配置

左の窓から光が差し込んで、気持ちよさそうなリビングです。

テレビと窓との間には大きなキャビネットがあり、離れているので太陽の影響は少なそうな実例です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ