無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶好調の鬼滅映画、なぜか大量のグッズ在庫が発生 その背景があまりに切なすぎる

飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃を見せる『鬼滅の刃』だが、劇場で販売される関連グッズに何やら異変が…。

エンタメ

16日より封切りとなり、「日本映画史に残る」といっても過言ではない人気ぶりを見せている「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」だが、グッズ売り場にてなぜか大量の在庫を発見。その理由について探ってみると、あまりに切ない真実が…。

鬼滅の刃

■完全に「出せば売れる」状態に

鬼滅の人気ぶりは完全に社会現象になっている。大手コンビニ各社が鬼滅とのコラボグッズを多数展開したり、「ダイドーブレンド」が鬼滅コラボのコーヒーを販売したりと、もはや日常生活の中で「鬼滅キャラを目にしないほうが珍しい」ともいうべき状態である。

中には「少しやりすぎでは…?」と感じるようなコラボ商品もあるのだが、ダイドーブレンドのコラボ缶(鬼滅缶)は販売開始から約3週間で売上数5,000万本を突破。「鬼滅ブランド」の凄まじさを物語っている。

関連記事:映画『鬼滅の刃』、公開初日からグッズが大量転売 「胸糞悪い」と嘆く声も

映画『鬼滅の刃』、公開初日からグッズが大量転売 「胸糞悪い」と嘆く声も

■劇場で販売されるグッズも…

また映画の観客数ももの凄いことになっており、劇場の入場者特典として配布される冊子「煉獄零巻」は各地の映画館で早々に配布終了。そこに目をつけた転売行為も横行する事態に。

当然のように劇場販売のキャラクターグッズも売り切れ…と思いきや、ネット上ではなぜか「グッズが大量に余っている」という声も少なくない。

真偽を確かめるため、記者も埼玉県内の映画館へと向かったのだが、そこには大量の鬼滅グッズが陳列されていた。

■在庫が発生する理由は明らか?

しかしここで補足しておきたいのは、人気のグッズは跡形もなく売り切れているが、一部の商品だけ「大量に残っている」という点である。

その商品とは、悲鳴嶼行冥(ひめじま・ぎょうめい)の関連グッズ。鬼滅の主人公である竈門炭治郎の所属する「鬼殺隊」内では最強と目される屈指の「強キャラ」であるが、グッズの売れ行きは他のキャラよりも動きが鈍いようだ。

これは恐らく、悲鳴嶼の人気が著しく低いことが要因と思われる。

関連記事:『鬼滅の刃』土曜プレミアムで2週連続放送 原作者も「作画、演出、音楽全てがすごすぎ」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ