無料の会員登録をすると
お気に入りができます

6畳部屋に最適なベッドの配置をご紹介!狭い空間でもくつろげる環境にするコツは?

インテリア

2つのベッドを部屋の両端に配置する

夫婦の寝室にも子供部屋にもおすすめなのが、ベッドを部屋の両端に配置する実例です。

狭い6畳の部屋に2台のベッドを置くとさらに窮屈になりますが、クローゼットのない壁にそれぞれのベッドをレイアウトしましょう。

ベッドの間が2人の共有スペースになるので、サイドテーブルは一つだけで大丈夫ですね。

6畳の中で程よい距離感を保ちながら、パートナーや兄弟と話をしながら眠りつくことができますよ。

インテリアを重視したベッドの配置実例

ベッドの周りにインテリアを配置する

6畳という限られたスペースにベッドを配置する場合、壁際にレイアウトすることがよくあります。

ただ、寝る直前まで机に向かって作業している人や起きてすぐクローゼットやハンガーラックに直行する人もいますね。

6畳部屋の寝室の起点となるのはベッドなので、ベッドを中心にインテリアをコーディネートしてみると活動しやすくなりますよ。

机とベッドを平行に配置する

ベッドと机を平行に配置すると、ベッドに横になっている目線の先が机の上につながります。6畳の部屋であればインテリア同士の距離がそんなに遠くなりません。

机の上に写真やテレビや観葉植物等を置いておけば、ベッドの上から眺めながら眠ることもできます。一人暮らしで寂しい人には持って来いのベッドの配置実例です。

また、机とベッドの間にある椅子はサイドテーブルのように使えます。

ベッドの頭側にラックを配置する

6畳という限られたスペースでは、あまり余計なインテリアを増やしたくないもの。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ