無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インスタ映え◎フォトジェニックで美味な@tmytsmさんのおにぎりレシピ

今一番注目度の高いデリスタグラマー@tmytsmさんをご存知ですか?雑誌「ar」や、動画メディア「こんだてTV」で紹介された、一目見ただけで食欲をそそるインスタ映え抜群のフォトジェニックなおにぎりが人気を集めているんです。

2017年8月
レシピ

味も見た目も◎フォトジェニックおにぎり♡

Media?size=l
instagram.com

インスタグラム上で美味しそうなお料理を披露する「デリスタグラマー」。その中でも今一番注目度の高いデリスタグラマー@tmytsmさんをご存知ですか?雑誌やメディアでも多く取り上げられた、一目見ただけで食欲をそそるフォトジェニックなおにぎりが人気を集めているんです♡

@tmytsmさんが作るおにぎりに熱視線

鮭とクリームチーズのおにぎり

Media?size=l
instagram.com

定番の鮭おにぎりにクリームチーズをプラスした女子受け抜群なおにぎりは、チーズの濃厚さが味に深みを出してくれます。握る時にクリームチーズ同士がくっ付いてしまうので、チーズにマヨネーズを絡めてあげるのがコツですよ。

明太子とクリームチーズとわかめのおにぎり

Media?size=l
instagram.com

クリームチーズは明太子との相性も抜群。握ったおにぎりの上にドンと豪快に明太子をONすれば、インパクト大!食欲をそそるフォルムです。

大根の葉と梅干しのおにぎり

Media?size=l
instagram.com

梅干しおにぎりも大根の葉で緑をプラスするだけで華やかに。大根の葉は多めの塩で茹でて、麺つゆ・鰹節・ごまで和え味付けましょう。あとはざっくりと握るだけ♡

ツナマヨわさびの酢飯おにぎり

Media?size=l
instagram.com

酢飯で握るツナマヨおにぎりは、シソとわさびをプラスして大人な風味に仕上げました。@tmytsmさんのおにぎりレシピは、手作りおにぎりの常識を覆す新しい組み合わせばかりで目を奪われるんです。

豚生姜焼きの炊き込みご飯のおにぎり

Media?size=l
instagram.com

男子も喜ぶ豚の生姜焼きおにぎりは、ボリューム感たっぷりな一品。豚生姜焼きの炊き込みご飯のレシピは、豚肉・ごぼうを油で炒め、醤油・みりん各大2、生姜で煮て水分飛ばします。最後に大豆を混ぜ、お米2合・だし汁2合・醤油塩少々の上に炒めた具材を乗せて炊くだけ。トッピングに胡麻油と塩で和えた青じそを添えて。

きんぴられんこんの酢飯おにぎり

Media?size=l
instagram.com

きんぴられんこんを酢飯で握ったサッパリした味わいのおにぎりは彩りもキレイ。具材のシャキシャキ食感が楽しいおにぎりですね。

はくさい菜とソーセージの酢飯おにぎり

Media?size=l
instagram.com

@tmytsmさんレシピではソーセージもおにぎりの具材に。はくさい菜は茹でて少し塩を振り、ソーセージは焼くだけ。それを酢飯で握れば絶妙なバランスでマッチして三位一体の味わいが楽しめますよ。

甘辛ツナマヨおにぎり

Media?size=l
instagram.com

玉ねぎ・ツナ缶をごま油で炒めたらしょうゆ・みりんを同量で煮詰め、最後にマヨネーズをぐるっと一周して味付けはOK。さらにコーンを混ぜて握れば子供も大人も喜ぶ絶品おにぎりの完成です。

たまごの酢飯おにぎり

Media?size=l
instagram.com

炒り卵を酢飯で握って、トッピングでキュウリをたっぷり乗せて召し上がれ。夏バテの季節でも食欲をそそる爽やかな味付けで、食欲不振も吹き飛びそうです。

ごま油マヨ味の鮭おにぎり

instagram.com

わかりやすい動画もチェックしてみましょう。大きめの具材がゴロゴロ入っているのが魅力のおにぎりなので、鮭は荒めにほぐすのがポイント。ご飯と混ぜたら手の平で形を整えるようにふんわりと握りましょう。

明太菜飯おにぎり

instagram.com

いつものおにぎりにちょっとひと手間加えるだけで、インスタ映えするおにぎりが完成します。明日のランチにでも、すぐマネしたくなりますね♡

インスタ映えする美味おにぎりを作ろう♡

どうしてもマンネリしがちな「おにぎり」ですが、@tmytsmさんのインスタで「こんなにもバリエーション豊かにおにぎりを作ることができるんだ」と驚く人が続出。貴女も是非フォトジェニックで味も抜群なおにぎりを作ってみてくださいね♡

Media?size=l
instagram.com
@tmytsm Instagramアカウントはこちら
こんだてTV Instagramアカウントはこちら
記事に関するお問い合わせ