無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニトリにしたら、家族に「あれ、どこ?」って聞かれなくなりました

よさそう! と思って買った収納グッズなのに、「わが家には合っていなかった……」なんて“ざんねん”な結果になっていませんか? そこで、雑誌『LDK』が「失敗しない収納グッズ&アイデア」をプロと探すことに! 今回は、取り出しやすい「フタなしの浅型インボックス」。定番のニトリをはじめ、リビング収納に最適な5製品を比較検証してみました。

インテリア

片付けても片付けても、すぐに散らかるリビング。カラーボックスなどでちゃんとした定位置を作ってみても、お出かけグッズや掃除グッズなど、欲しいものがすぐに見つからず、気づくとリバウンド……なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、丸見え収納しちゃいましょう! ラクに出し入れもできるようになるので、散らかりにくく、探しやすくもなります。そこで今回は雑誌『LDK』が、そんな収納を叶えてくれるフタなし浅型インボックスをお届けします。

常に片付いたリビングを目指すなら、家族全員が出し入れしやすい収納を心がけてください。欲しいものが一目で確認できれば、せっかく整理したものを荒らされることもなく、戻すのもラクチンです。パッと見にとらわれず、出し入れしやすさを重視するのがコツです。

外から見えないのでつい入れすぎてしまいます。家族に「あれどこ?」と聞かれるのも面倒です。

上から見ると全てのものが一目瞭然。入れすぎないよう意識しやすいのも◎です。

棚に入れたままではフタが開かず、ボックスを出してフタを開け、取り出す手間がかかります。

欲しいものをピンポイントでサッと取り出せて、戻す場所もわかりやすいです。

使ったらすぐに戻せる環境を整えるのが大事。使用頻度や用途に合わせて入れるものを分けると、使い勝手がアップします。

家族全員が使うものは最上段にしてください。ハンカチや除菌用品など、全員の必需品は目線の高さにするのがコツです。

毎日使うけど目立たせたくない掃除グッズは中段です。取り出すいのも◎です。

ガムテなど、たまにしか使わない日用品は下段にインしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ