無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Go To トラベル使って行ってみた!大阪“映え”女子ひとり旅

こんにちは、るるぶ&more.編集部のかなごんです。Go To トラベルが全国で適用になり、利用する方も増えてきましたね。こんなにお得に旅できることはもうないかも…とうことで、私も以前から気になっていた大阪のおしゃれホテル、「HOTEL SHE, OSAKA」で行ってきました!せっかくホテルがおしゃれなので、今回の旅のテーマは”映え女子旅”に決定!地域共通クーポンも使って、お得に楽しいひとり旅を実現できました!

旅行・おでかけ

私は旅先の1杯目として、1階のカフェでさっそくビールを調達。大阪のクラフトビール「箕面ビール」770円(税込)は、宿泊者なら10%割引の693円でいただけます。いつもとは違う空間で、旅番組を見ながら地元ビールでひとり乾杯!待って…最高!

さて、今回は朝食付きのプランにしたので、翌朝は目覚めたら1階のカフェへ。

いただいたのは、厚切りベーコンとフレッシュベジのサンドイッチに、コーンスープとポテトサラダが付いたボリューム満点のプレートです。見た目から食欲をそそりますが、味も間違いありません。サンドイッチでしっかりと野菜がとれるから、たくさん食べても罪悪感なし!

ホテルのスタッフの方が「昨日はどこを観光されましたか~」などと気さくに声をかけてくれたりして、そんなコミュニケーションも楽しみながら、朝から明るい気分になれました!

「HOTEL SHE, OSAKA」は深い青色を基調としていて、建物のレンガやカフェのソファ、客室の壁もすべて青色で統一されています。というのも、このホテルは地域の雰囲気に馴染むように作られたソーシャルホテル。弁天町という場所は大阪の港湾の地で、昔ながらの商店街や工場も残る場所なので、その海やレトロな雰囲気を深い青色で表現しているのです。

そして、さらにそれを形にするのが「レコード」という媒体。懐かしくて、心地がいい空間を、レコードに落とし込んで表現しているのだそうです。

ちなみに、「HOTEL SHE, OSAKA」というホテル名のユニークさも、皆さん気になりませんでしたか?「SHE」というのは、彼女という意味ではなく、「Satisfaction(満足)、Heartful(心にしみる)、Emotional(感動的な)」の頭文字をとった名前なんです。そして、そのあとの「,」は、足を落ち着かせて、ひと息つける場所という意味が込められているのですって。

ホテルで非日常な時間を過ごし癒されて、また前向きに次へ進めるように!というエールを送ってもらっているような気がして、なんだかすごくうれしい気持ちになりました。

最後に宿泊代は、通常1万3960円のプランをGo To トラベルを使って9074円になりました。朝食もついて1万円しないなんて、や、や、安い!シンプルの中にセンスが光る、とてつもなく居心地のよい「HOTEL SHE, OSAKA」。みなさんもぜひ旅の目的に目指してみてください。

■HOTEL SHE, OSAKA
住所:大阪府大阪市港区市岡1-2-5
TEL:06-6577-5500
チェックイン:15~23時
チェックアウト:~10時
料金:2名1室1万円~(日により変動)

編集部おすすめ!大阪で話題の映えスポットをご紹介

さて、今回の旅のテーマは”映え女子旅”!ということで、私がSNSを徹底リサーチして行ってみた2つのスポットをご紹介いたします。
まず一つ目は、枚方市駅目の前にあります「枚方T-SITE」。蔦屋書店のほか、カフェやレストラン、フードマーケット、ライフスタイル雑貨のお店など多くのテナントが入る施設です。コンセプトは、地域の人々に新たな出会いや発見を届ける、生活提案の場所。地域のつながりを大事にしている施設なだけあり、老若男女を問わず本当に幅広いお客さんに愛されているようです。

ここで私が絶対観てみたかったのが、蔦屋書店のなかにある7mの本棚!
この圧巻の高さ、そして美しさ。外国の図書館をテーマにした写真集で見たことがあるような、迫力のある景色が広がっています。ここに飾られている本の一部は購入可能です。

この7m本棚をもつイベントスペースは2つあり、本棚の美しさを味わいながら楽しめるヨガレッスンや、作家さんのトークショーなどのイベントも開催されているのですって。うーん、なんともユニークな体験!私もぜひ参加してみたくなりました…!

また、この施設にはもうひとつすごい本棚がある…?と聞いて、さっそく地下1階のフードマーケット「北野エース」へ。なぜスーパーに本棚…と思ったら…

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ