無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パンライターが提案!パンのおいしさを引き立てるピーナッツバター&クリームの選び方

いつもの食卓で、パンにどんなものを塗っていますか?ジャムやバターのほかに厚く支持されているのが、ピーナッツバターやピーナッツクリーム。ピーナッツの粒感が残っているものから滑らかなタイプまで、さまざ

グルメ
ピーナッツクリーム

フワフワで軽い食べ応えのダイショウ「ピーナッツバタークリーミー」

ダイショウ「ピーナッツバタークリーミー(225g)」参考小売価格380円(税別)

フワフワとした口当たりで、トーストしていないパンとよく合う

ロングセラーとなっている「ピーナッツバタークリーミー」のほか、写真右の「練乳アーモンドクリーミー(135g)」参考小売価格250円(税別)、写真左の「薄皮入ピーナッツバタークリーミー(135g)」参考小売価格250円(税別)など、多彩に揃う

“なめらか派”の中でも、ピーナッツの素朴な味わいを楽しみたいなら、ダイショウの「ピーナッツバタークリーミー」を。1965年の創業以来、ロングセラーとなっている商品です。

保存料や着色料などを使わずに、自然の風味を生かしています。水を使わずペースト状にすることで、ピーナッツ本来の滋味あふれる味わいに。なめらかでフワフワとした質感なので、トーストしないパンと相性抜群。やわらかな食パンと合わせればくちどけよく、ほのかな甘味が広がります。

そのほか、自家焙煎した薄皮付きピーナッツをペースト状にして使うことでコク深い味わいに仕上げた「薄皮入ピーナッツバタークリーミー」など、バラエティ豊かなスプレッドが揃います。

ダイショウ「ピーナッツバタークリーミー」

ピーナッツバタークリーミー

好みのピーナッツバター&ピーナッツクリームで、食卓を楽しく

好みのピーナッツバターやピーナッツクリームは、見つかりましたか?

パンに塗るだけでなく料理にも使えるなど、日々の暮らしで活躍してくれるのがピーナッツバター&ピーナッツクリームの魅力でもあります。質感や味わいなど、自分が重視するポイントをもとに選んで、お気に入りを見つけてみてくださいね。

教えてくれたのは……パンライター 松尾友喜さん

食、旅とまちあるき、人物インタビューなど幅広い分野で取材・執筆しています。自身の好きが高じてパンシェルジュ検定1級を取得し、パンライターとして活動中。パン屋取材からお取り寄せパンの紹介まで、幅広くパンのある暮らしを提案しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ