無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ニトリ・無印・カインズ]「洗濯がラクになる」バスタオルは?メリットVSデメリット徹底比較

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノライターのmidoriです。

毎日使うタオル。とくにバスタオルは収納も洗濯も場所を取りがちですが、お風呂上がりの必需品として使っているご家庭は多いと思います。
最近では、フェイスタオルをお風呂上りに使う方も増えているようです。

そんな、サイズが大きいバスタオルが肩身が狭くなった、「スリム」「ミニ」サイズが増えてきました。

ここでは、そんな肩身が狭くなったいろんなサイズのバスタオルをニトリ・カインズ・無印良品で買って使ってみました。

※商品の入れ替えなどで在庫を保証するものではありませんので、ご了承ください。

カインズ「ふんわり長持ち ミニバスタオル」

「ふんわり」という名前の通り、手触りがとても良いです。

ミニバスタオルだけあって、ハンガーに収まるスリムさです。

ニトリ「スリムバスタオル」

私が使ってきたバスタオルの中で一番細長い形のバスタオルです。こちらも優しい肌ざわりで、カインズのものよりも少しだけ厚みがあります。

カインズと比べると横幅がさらにスリムで、ハンガーに余裕を残したままかけることができました。

パッと見は「フェイスタオルなのでは?」と間違えそうになるくらいスマートな印象があります。

無印良品「綿パイルスモールバスタオル・厚手」

「ミニ」でも「スリム」でもなく、無印良品は「スモール」です。ややこしい……(笑)。全部このタオルで統一したくなるような、落ち着いた色味が特徴です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ