無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「実はボーナスでしか貯金してないんです…」家計の不安をプロが解消!ボーナスしか貯められない家計のリスクとは?

「実はボーナスからしか貯金ができないんです…」と貯金についての不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。

ボーナスからしか貯金ができていないということは、毎月の給料だけでは家計が赤字ということ。
今回は、家計簿・家計管理アドバイザーのあきが「ボーナスからしか貯金ができないリスク」について紹介します。ボーナスからしか貯金ができていないという方は、参考にしてみてくださいね。

節約・マネー

ボーナスからしか貯金ができないリスク

www.photo-ac.com

ボーナスでしか貯金ができない家計のリスクには次の3つが挙げられます。

1)毎月の給料だけでは赤字

ボーナスでしか貯金ができていないということは、先ほどもお伝えした通り、毎月の給料だけでは赤字になっているということ。

毎月の給料だけではやりくりができないということは、将来的にボーナスがなくなったり、減給されたりすると、途端に家計が苦しくなってしまうというリスクを抱えていることになります。

「妻が収入を抑えて働いているため、ボーナスが減額されたら妻の収入を増やして対応することができる」など、収入が減少しても取り戻せる可能性のある家計なら良いですが、夫も妻もしっかり働いていて、これ以上の収入増加は見込めないと感じるならかなりの高リスクを抱えていることになります。

2)手当などを使いこんでいる可能性がある

ボーナスでしか貯金ができていないということは、児童手当などの手当も使い込んでいる可能性があると言えます。

特に子育て世帯は、児童手当の他、幼稚園の助成金、高等学校等修学支援金など、様々な手当が得られる世帯です。

このような手当に手を付けてしまっているということは、将来的に教育費が不足する可能性が高く、子供が小さいうちは問題なくても、子供が大きくなるにつれて家計が苦しくなるリスクを抱えていることになります。

お子さんがいない世帯の場合はこのような手当は少ないので、使い込みはないかもしれませんが、老後の資金が不足するリスクが高いことになります。

3)根本的な収支が分かっていない

ボーナスでしか貯金ができていないということは、根本的な家計の収支が理解できていない可能性もあります。

今の収入からいくらまでなら使っても安全なのか、という線引きがないまま行き当たりばったりのやりくりを繰り返す傾向があります。

「何とかなるさ」で本当になんとかなるうちは大きな問題はありませんが、「何とかなるさ」ではどうにもならなくなった時に非常に苦しいやりくりを迫られるリスクがあります。

目先のことだけしか考えず、将来のリスクを先送りにするやりくりは非常に大きなリスクがともないます。

このままのやりくりを続けると、将来的に困窮する可能性があることを理解しておきましょう。

ボーナスからしか貯金ができなくても問題ない家計、問題のある家計

www.photo-ac.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ