無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアを整えるコツは「引き算」!スッキリルームを作る15のコツ

インテリア

引き算で、インテリアを整える

かわいい雑貨や普段使いの日用品、捨てたくないものなど、あれこれ物のあるお部屋も楽しいですが掃除の手間もかかるうえ、その場にいるだけで疲れてしまう……という方も多いかもしれません。

そんな方におすすめなのが「引き算」を意識したインテリアコーディネートです。「飾りすぎない」「持ちすぎない」引き算のインテリアを実践すると、お部屋は劇的にスッキリするはずですよ。

スッキリルームを作りたいなら「引き算」してみよう!

家具は壁面に取り付けることでスッキリする

比較的購入しやすく、移動もらくちんな脚付きの家具はポピュラーなものですよね。

ですが、掃除がしにくかったり見た目にも圧迫感があるなどデメリットもあります。

実例のように箱や枠を壁面に取り付ければ、見た目もスッキリ。縦横の位置をあわせるとより美しい空間を作ることができます。

ファブリックを使わないお部屋づくりをしてみる

椅子にはクッション、テーブルにはクロス、床にはラグ……とあって当たり前と思いがちなファブリックを思い切って取り去ってみるのもおすすめです。

見た目がスッキリするのはもちろんホコリも立ちにくくなり、お掃除がらくちんになりますよ。

色遣いはごくシンプルにまとめる

グレーと黄色という2色をメインに使っているお部屋です。あれこれ色を使っていないので、統一感が出ていますね。

アクセントカラーは実例のように大胆に取り入れると、ディスプレイが控えめでもおしゃれに見えます。

クローゼットは「余白」を意識する

ついつい物を詰め込んでしまいがちなクローゼットは、「余白」を大切にするのがスッキリ見せるポイント。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ