無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[11/9〜11/15の運勢]11月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

絆のもつれと深まりと

今週のおひつじ座は、安直な言葉ではなく、新たな問いを誘発するような言葉を日常に置いていくような星回り。

日本を代表する精神科医であった中井久夫は、本業の臨床のかたわら、その語学力をいかした詩の翻訳で有名な文学賞をとるほどの人物でした。そのいずれにの営みおいても、漠然とした疑問や仮説によって発生してくるらしい「曖昧な雲」のようなものがあることが大切なのだと記しています。

どうもあまりにすっきりと見通しが立ち過ぎていたり、すべてが割り切れてしまうような状態というのは、創造的な仕事にはあまり向いておらず、むしろ中井が言うような「雲」が視界のうちに広がっていることが必要なのではないでしょうか。

あなたもまた、特定の役割に割りきれなかったり、そもそもこういう関係なのだと割り切れない相手をこそ、改めて大切にしていきたいところです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

未知におのれを浸す

今週のおうし座は、自らの向き合うべき運命をその目に映していくような星回り。

現代では蟷螂(かまきり)には緑のカマキリと褐色のカマキリ、2種類いることを知っている人も多いはず。しかし昔の人は「蟷螂のまなこ大きく枯れにけり」(本宮哲郎)という句のように、緑のカマキリが冬にかけて枯れて茶色くなるのだと考えて、それを大層おもしろがっていたのだと言います。

虫も枯れるものという前提で見たならば、掲句の「蟷螂」の姿には、確かに簡単には見過ごせない何かがあります。何かがみずからを決定的に変えてしまう時、人はそこに運命の介在を見出しますが、我が身を染め上げたのと同じ力を枯れ野に映しているこの蟷螂は、それとはまったく異なる捉え方をしているのかもしれません。

そしてそう思う時、読者はこの句を通してやはりみずからに訪れつつある運命を見つめざるを得ないのではないでしょうか。あなたもまた、さながら掲句の「蟷螂」のごとく、らんらんとその目の内を燃えあがらせていくことになるはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ