無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思わずギュッとしたくなる♡“ユルッとお団子”はこう作る!

ヘアスタイル

外国人さん風お団子

ロングさんに特にオススメなのがこちら。あえて、お団子に巻き付けない毛束を作ることで外国人風なスタイルになりますよ。髪が長いほど毛束が遊びすぎてしまうので、お好みのバレッタでとめましょう。

思いっきり高い位置でルーズにまとめる方が断然オシャレになりますが、ポニーテールが難しい場合は2回に分けて束ねれば大丈夫です。束ねやすいだけでなく、崩れにくさもアップします。

ルーズアップお団子

こちらもお団子にした毛先を遊ばせるアレンジです。ゆるいシルエットにするには、お団子部分はもちろん、頭部分のボリュームも重要です。より簡単にボリュームを出せる方法があるので動画でチェックしてみましょう。

ポイントは、頭から遠い位置で一度ゴムで縛ること。その束を二つに分けて左右に引っ張りギュッと引き締めます。すると、頭に自然なボリュームが出るので、あとは引き抜きをプラスしてボリュームを調整しましょう。

低い位置でユルッと団子

hair.cm

落ち着いたイメージになるのが低い位置のお団子。ただ、アレンジ次第では落ち着きすぎて老けて見られる場合も。絶妙なユル感をマスターしましょう。

ゆるシニヨン

毛束を最後まで引き出さないタイプのお団子の場合、ほぐした後のお団子が後ろに飛び出しすぎるシルエットに。このままでもユルッとしていて可愛いのですが、気になる場合は一か所だけピン留めをしてみて。

一番飛び出している部分をつまんで、ゴムに沿わせるようにひねります。あとはピンを留めて完成です。崩れ防止にもなるので初めてさんにオススメのアレンジですよ。

ピンなしゴムだけお団子

崩れ防止にピンを使いたくなりますが、低い位置でお団子にする場合は極力使わない方がベストです。ゴムを上手く使えば、崩れそうで崩れない、ユルユルお団子が完成します。こちらのアレンジはゴムを2本使いします。

記事に関するお問い合わせ