無料の会員登録をすると
お気に入りができます

受け身だとまずい。「良縁を逃しがちな人」の特徴3つ

恋愛・結婚

「良縁を結んで幸せな恋愛がしたい」。多くの女性がそう願っているのではないでしょうか? そこで今回は、“フォローすると恋がかなうオンライン恋愛神社”とも呼ばれている、恋愛コラムニスト・浅田悠介さんに、良縁とは何なのか、良縁をつかむ人と逃がしがちな人の特徴やおすすめの縁結び神社まで教えてもらいました。

(2)落ち着いた恋愛を知っている

これも重要なことです。

よろしいでしょうか。そもそも本当の恋愛は「穏やかさ」を秘めているものなのですよ。ここを見逃すと「良縁」は遠くなるかもしれません。

これは「ドキドキする恋愛」を否定しているのではありません。この世には、刺激的でありながら、穏やかさを秘めている恋愛もありますから。

私たちが関係を長く続けるには(お互いに誠実であるには)、落ち着きが必要なのです。

それは「感情に振り回されない恋愛」とも言えるでしょう。

これは感情を無視するということではありません。

むしろ友好的に感情と握手するということです。ただ感情の言うことばかり聞くのではありません。しっかり理性も保って、パートナーシップを築こうという話です。

どうか暖炉の炎のように穏やかな恋愛もあるのだと知ってくださいませ。

(3)自分は幸せになるべきだと思っている

これもとても重要なこと(というか全部重要なこと)です。

とにかく「自分は幸せになるべきだ」と思っていること。

この気持ちが抜けていると、いざ「良縁」が近づいてきた時に「私に幸せはふさわしくない」と、逃げ出すことにもなりかねません。

よく「人生はイメージした通りになる」という言葉がありますよね。

まさに。これも愛すべき人間の習性として「イメージしていなかった人生が幸運にも訪れた場合、驚いて返品してしまう」ことがあるのですよ。

めちゃくちゃもったいないですよね。

だからこそ「自分は幸せになるべきだ」と考えておかなくてはならないのです。

少しだけ難しいことかもしれません。しかし、よく考えてみたら、これって当たり前の話だとも思いませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ