無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[連載]シングルやディンクスにおススメ!2DKのおしゃれで機能的な家具レイアウト術

インテリア

一人暮らしのかたや、二人暮らしに人気の2DK!

一人暮らしのかたや二人暮らしのかたに人気の間取りが、2DKの間取りです。
家賃を抑えて快適に暮らしたいと考える人たちには、絶好の物件だからです。

しかし2DKの間取りは家賃が安い反面、その間取りと狭さから、家具のレイアウトが難しいというデメリットもあります。

そこで今回は、シングルやディンクスにおススメの2DKの間取りを、広く、おしゃれで機能的に使う家具レイアウトについてご紹介したいと思います。

2DKとは

日本の住宅の間取りは、狭い空間を効率的に配置して、無駄がなく機能的にできています。その間取りの最たるものが「LDK」です。

このLDKですが、今でこそ2LDKや3LDKなどさまざまな間取りがあります。しかしその始まりは団地における2DKでした。
2DKとは、洋室が2つに、ダイニング(D)とキッチン(K)が付いたものを表します。

この2DKですが、古い団地に多くコンパクトなので、家賃が安いというメリットがある反面

というデメリットがあります。

このデメリットを解消するには、家具のレイアウトを工夫することが大切です。

2DKのおすすめレイアウトその1

DKにダイニングテーブルを置く

folk-media.com

こちらはDKが6.5畳で、4畳と4.5畳の洋室がある2DKの間取りの様子です。これらの部屋が、扉を挟んでそれぞれ隣接しています。

folk-media.com

家具レイアウトで一般的なレイアウトは、図のように、DKにダイニングテーブルを設置することです。

キッチンで料理して、そのまま、同じダイニング空間で食事ができます。

しかしキッチンとダイニングの空間が明確に分かれていないことで、動きずらく、また収納もすくないため、片づきにくいお部屋になってしまいます。

folk-media.com

そこで図のようにキッチンとダイニングを簡易的に分け、収納を増やすために突っ張り間仕切りで空間を分け、市販のスチール棚でキッチン収納をつくりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ