無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕上げで差をつける♡ヘアアレンジ別“ほぐし”テクニック

ヘアアレンジの“ほぐし”が思うようにキマらなくて悩むことはありませんか?可愛くほぐしているつもりが、ボサボサ&貧相になってしまうという方はポイントさえ押さえれば大丈夫。ヘアアレンジごとに“ほぐし”テクニックを使い分けて、もっとアレンジを楽しみましょう♡

2017年10月
ヘアスタイル

ヘアアレンジごとに“ほぐし”を使い分け!

instagram.com

ヘアアレンジに艶っぽさや華やかさを添えることができる“ほぐし”テクニック。毛束を引き出すだけですが、毛束の量やバランスを間違えてしまうと失敗しがち。ヘアアレンジ別のおしゃれなほぐし方をご紹介します。

①トップのほぐし方

ポニーテールやお団子ヘアに欠かせない“トップ”部分のほぐしテク。後頭部がふんわりすることで、横から見たときに立体的なシルエットを演出することができます。

「ひし形」にほぐすだけ♡

美しいシルエットをつくるには、写真のように後頭部が「ひし形」に膨らむように毛束を引き出していきます。ぺたんこになりがちな後頭部も、毛束を少しずつつまんで引き出せば、ボリューミーに仕上がります。

②くるりんぱのほぐし方

毛束をくるんとひっくり返すだけでこなれ感のあるヘアに仕上がる「くるりんぱ」。ほぐしすぎると、せっかくのくるりんぱが崩れてしまうので、丁寧にほぐしていきたいところですよね。

くるりんぱは、まず写真を◯で囲った“穴”の部分の毛束を引き出します。ここから引き出した毛束を中心にして、サイドもバランスを見ながら交互に引き出します。

毛束は必ず“細く”引き出すことが大切です。毛束を太く引き出してしまうとくるりんぱが崩れてしまいますので、慌てずゆっくり引き出します。ハーフアップ以外のくるりんぱにも使えるので覚えておくといいですよ♡

③ロープ編みのほぐし方

ゆるっとしたルーズ編みが女性らしさたっぷりの「ロープ編み」も、上手にほぐすとさらに可愛らしく仕上がります。余裕をもたせながら、毛束を引き出せば、ふんわりしたロープ編みを楽しむことができます。

記事に関するお問い合わせ