無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水彩のタッチも表現できるグラフィックマーカー「ABT」で、心踊るクリスマスの準備を。

【PR】クリスマスのギフトに添えるちょっとしたミニカードや、今年は会うことが叶わなかった大切なひとに贈るクリスマスカードなど…サラサラと手描きで素敵なイラストやテキストを表現できたなら!そんな願いを叶えてくれる、カラーバリエーション豊富なグラフィックマーカー「ABT」でオリジナルのクリスマスアイテムをつくってみませんか。

DIY

グラフィックマーカー「ABT」

趣味でアートをたのしむひとから、プロのデザイナーやアーティストまで。長く愛用され続ける文具メーカー「トンボ鉛筆」のグラフィックマーカー「ABT」は、手描き表現の可能性を無限大に広げてくれるツールです。

全108色というカラーバリエーションも、もちろんその魅力のひとつ。

そして、その中の1色「N00」は無色インクのペンになっていて、色同士をなじませる、ぼかす、など“カラーレスブレンダー”としての役割を果たしてくれます。

「N00」に限らず、どのカラーも紙の上で同色を混ぜ合わせたり、なじませてグラデーションをつくることもでき、さらにはツルツルとしたセロハンやクリアファイルをパレットに、濃いカラーのインクを出してから、薄いカラーのペン先でそのインクをとって紙に描けば、オリジナルグラデーションも思いのままです。

「水彩画」のような表現はもちろん、線の細いイラストや、ハンドレタリングまで、さまざまなアートが紹介されているので、ぜひ公式のInstagramもチェックしてみてください。

Instagramはこちら

今回はそんな「ABT」を使って、2名の作家さんに「クリスマスに贈りたい」メッセージカードやミニカードをつくっていただきました。

作家さんのデザインと「ABT」ならではの風合いの融合に、どれも惚れ惚れとしてしまいます。

しんしんと深まるクリスマスの夜

まずご協力いただいたのは、ほのかに明るくやさしい色合い「ペールトーンカラー」を基調に、誰もが「あの頃のわたし」に戻ってしまうような、淡く幻想的な世界を水彩画で表現されている、イラストレーター・きんいろひとでさんです。

「試しに」と描いていただいた木々も、「水筆」を使ってぼかしを入れると、立体的で、ぼんやりと浮かび上がってくるような不思議なタッチに。

デザインを考案する作業として、いくつも試し書きや、色づくりを繰り返します。

水彩のように滲ませることができる「ABT」の特性を生かしたイラストを仕上げることに、こだわりたいたいと思いました。けれど、おどろいたのは水彩のように滲むけれど、シャープな輪郭線をしっかりと残すこともできること。これも特徴のひとつだと感じました。(きんいろひとでさん)
mag.minne.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ