無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年こそ!「年間100万円」貯められる人になるための5つのこと

「来年こそ年間100万円貯めたい!」と望むなら、今こそ準備をはじめる時。貯金下手さんが貯金上手さんに変わるために実践したい、5つのポイントをまとめてご紹介します。

2017年12月
節約・マネー

今年、貯金が全然できなかった…

来年こそは年間100万円貯められる女に!

「恥ずかしながら、今年は全然貯金ができなかった」…と、この1年の行動を振り返って後悔していませんか?

来年こそしっかり年間100万円を貯められるようになりたいと考えているなら、今こそ「貯金下手」な自分を変える時です。

自然に貯まる生活習慣を身につけて!

そこで今回は、2018年に年間100万円を貯めるため、今こそ実践したい5つのポイントをまとめてご紹介いたします。

お金が貯まる人と貯まらない人の差はほんの少しの心がけだけ。ぜひチェックして、来年のスタートダッシュに備えてみてください!

①:固定費の見直し

固定費こそ「無駄遣い」の落とし穴!

一度契約してしまうとなかなか見直す機会のない固定費ですが、実はこれこそが無駄遣いの落とし穴。2018年に向けて、今こそ積み重なった固定費の出費を見直してみましょう。

特に通信費や保険、家賃または住宅ローンなどは見直しによって大きくお金を浮かせることができる可能性が大。毎月必ず出て行くお金だからこそ、目を光らせて無駄な出費を抑えるように注意してみましょう。

②:先取り貯金の額を上げる

もう1~2万円増やせれば、もっと貯められる

財形貯蓄や自動積立型の先取り貯金といえば、お金を上手に貯めるための基本。すでに多くの方が実践されていると思いますが、来年はその額を増やすことにチャレンジしてみましょう。

具体的には今の先取りにもう1~2万円、可能であれば3万円増やすことを検討してみてください。初めの数ヶ月は生活に窮屈さを感じることもありますが、慣れてくれば後取りで貯めるよりもずっと楽に感じるはずです。

記事に関するお問い合わせ