無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こなれヘアはココが違う!”プロがしている”ヘアアレンジのコツ

ヘアスタイル

こなれヘアって難しい…

プロの小技をマスターしましょう!

ガイドラインに従ってヘアアレンジをしているのに、自分のアレンジはなぜかボサボサ、野暮ったく見えてしまう…とお悩みの方は多いはず。

hair.cm

不器用だからと結論づけてしまいがちですが、ちょっとしたコツを見逃している可能性があります。そこで今回は隠れたプロの小技をご紹介しましょう。

ベース巻きの小技

こなれ感を出したいのなら、ヘアアレンジ前にベース巻きをするのがおすすめ。ガイドラインにベース巻きが書かれていなくても、実は巻いた状態からプロセスが始まっているものもあるんです。

ここではベース巻きをする時の注意点やプロの小技をご紹介します。

1.巻き髪ウォーターのジュッはNG

巻き髪ウォーターをつけてコテ巻きをする時に、ジュッとなったことはありませんか?髪の毛が濡れたままの状態でコテを使うと傷みの原因に。巻き髪ウォーターをつけたらクシでとかして乾かしてから巻くのが正解です。

①巻き髪ウォーターは毛先を中心につけていきます。
②クシで綺麗にとかします。
③ドライヤーで乾かします。
④完全に乾いたらコテ巻きしましょう。

2.波ウェーブの小技

ベース巻きをする時にはブロッキングをするのがポイント。また、波ウェーブを作る時にはヘアアイロンを「滑らす」ことを忘れずに。「挟んで→折り曲げ→滑らす」を意識すると綺麗に仕上がります。

①髪をブロッキングします。
②毛先を外に折り曲げたら滑らせます。
③上の段は内側に折り曲げ滑らせます。
④後ろは3つに分けます。
⑤毛先を外ハネにします。
⑥上の段は表面だけを内側に滑らせます。
⑦全体に手櫛を通して完成。

3.コテ巻きの小技

毛束にコテを挟む時は毛先ではなく、根元に近い場所に挟んで巻くのがポイントです。1周巻いたらコテを外し、毛先の方にズラしながら同じことを繰り返していきましょう。

記事に関するお問い合わせ