無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[太りたくないお正月]砂糖不使用だけど甘い「あんこ」が強いミカタ

レシピ

4.炊飯器を保温にしてフタを閉めずに濡れ布巾をかけ約8時間発酵させます。
(途中2~3時間ごとに混ぜ、布巾が乾いているようなら濡らします)

約3時間経過の発酵あんこ
少し米麹の粒がつぶれてきています。この時点で水分が飛びあんこが硬い場合は水を加えます。
目安は米麹と小豆を混ぜたときくらいの硬さにします。

※水を加え混ぜた状態

約6時間たった発酵あんこ
小豆と米麹がだいぶつぶれ、この時点で味見してみるとほんのり甘さを感じるくらいになります。

約8時間たった発酵あんこ
米麹の粒がつぶれ、食べるとしっかり甘さを感じられるくらいになったら完成です。この時点で甘さが足りないときは水を加え、保温を続け1時間~2時間発酵させます。

発酵あんこの日持ちと保存方法

冷蔵の場合は保存容器に入れ2~3日程で使い切りましょう。
保存袋に入れ小分けにして冷凍することも可能です。解凍の際は冷蔵庫で解凍します。

※保存の際の注意点※
以前、夏に発酵あんこを作り、発酵後に粗熱を冷ますために常温に数時間置いていたら、発酵が進みあんこが酸っぱくなってしまったことがあります。粗熱がとれたらすぐに冷蔵庫または冷凍庫へ

お餅に飽きたら試してみて!「発酵あんバタートースト」

お正月にお餅に飽きた場合におススメなのが「発酵あんバタートースト」。
カリッと焼いた食パンにたっぷりの発酵あんことバターをのせ再度トースターでバターを溶かして完成です。
これにきな粉をかけておいしいです。

是非今年のお正月に作ってみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ