無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「バーミキュラ」 の実力を大解剖!世界一素材の味を引き出す鍋の魅力って?

「バーミキュラ」という鍋をご存じですか?鋳物のホーロー鍋で無水調理ができるのですが、その機能性の高さで「世界一素材の味を引き出してくれる鍋」とも言われています。知ると今すぐ欲しくなる、バーミキュラの魅力をご紹介します。

2018年2月
ライフスタイル

「バーミキュラ」って知ってる?

世界一、素材本来の味を引き出す鍋

こちらのおしゃれな鋳物ホーロー鍋、実は日本製です。「バーミキュラ」という名前で、愛知ドビーという老舗鋳造メーカーが“世界一、素材本来の味を引き出す鍋”を目指して作りました。

先日カンブリア宮殿をぼんやり観ていたら、バーミキュラの無水鍋が出てきた。
外国人が里帰りするテレビで観てから気になっていたお鍋。IHでも使えるんだー、と思ったら無性に欲しくなり、公式オンラインストアでポチっと。1日の夜中に注文したら、今朝届いた✨
さぁ、何作ろうか⁉️
#カンブリア宮殿#バーミキュラ#無水鍋#ホーロー#愛知ドビー#オーブンポットラウンド#22#マットブラック#日本製#ルクルーゼには興味が無かった
instagram.com

バーミキュラの魅力は、食材本来のおいしさを最大限に引き出してくれること。大人気で予約待ちも続出している鍋なのです。今回は、手料理がもっとおいしくなるバーミキュラの魅力をたっぷりとご紹介します。

バーミキュラの「世界一おいしい」魅力

1つで4役、料理のバリエーションが広がる

バーミキュラはこれ1つで①無水調理、②炊く、③ロースト、④スチームという4つの機能を持っています。そのため、これ1つで無水調理でカレーを作ったり、ご飯を炊いたり、ローストビーフを作ったり、スイーツやデザートを作ることまでできるのです。

❁
今日は #七草 ♬
朝起きれなかったのでwお昼に食べました♡
#バーミキュラ で #お粥 炊いて #七草がゆ ◟̆◞̆♡
#あんかけうどん 実家で漬けた #野沢菜 と #酢大根 と共に
✳︎
✳︎
#昼ご飯 #昼ごはん #lunch #ご飯 #陶器 #美濃焼 #コトテ #抹茶 #ドルチェグスト #うつわ #器 #ミカゴハン #instafood #vermicular #ダイソー #daiso #100均 #セリア #セリア痛 #セリア通 #seria #macaronimate
instagram.com

これを使うだけでおいしい料理が作れるので、料理をすることが楽しくなります。そんな、おいしい料理を作れる理由とはどこにあるのでしょうか。

鋳物とホーローで旨みを逃さない

鋳物の調理器具と言えば、ダッチオーブンが有名です。その鋳物にホーローを吹き付けることで、鉄の持つ「熱伝導性の良さ」、鋳物に含まれる炭素とホーローの持つ「保温性と遠赤外線効果」を併せ持つことができます。

LUNCHの #パエリア ♡♡♡
#バーミキュラライスポット で作りました!
・
ガーリックマヨを付けながら美味しく食べました☺︎
次は何作ろうかな〜
・
インフルエンザではなかったるいですが、
何も食べないので鮭おにぎりでも…と
またごはん炊きはじめました🍙
・
お花屋さんで桜とミモザをたっぷり調達してきました♡
もう外へは出たくありません……
instagram.com

この鋳物とホーローの2つの特性により、食材の旨み、素材のおいしさが最大限に引き出されているのです。野菜を煮れば甘みやうまみが引き出されます。厚さ3mmの鋳物の鍋にホーローを吹き付ける技術が非常に難しく、日本ではバーミキュラの会社だけが実現しています。

無水調理で栄養も逃がさない

さらに、バーミキュラは無水調理ができる鍋でもあります。無水調理を叶えるために、鍋のフタを0.01mm単位まで手作業で削っています。密封性が高く無水調理ができる鍋というのは、食材の栄養価が逃げにくいのです。

鶏胸肉とキャベツのトマト煮🎅✨ 鶏胸肉をすり下ろした玉ねぎ、オリーブオイル、塩胡椒で漬けておき

キャベツ、ブラウンマッシュルーム、オレガノ、ローリエと共に1hほどコトコト。さっきの写真と見比べると、無水とは思えないほど水分が✨
クリスマスメニューにいかがですか?

#おうちごはん#クリスマス#クリスマスメニュー#チキンのトマト煮#鶏胸肉#鶏肉#煮込み#バーミキュラ#VERMICULAR#dinner #chicken#tomato#Stew#コトコト#オレガノ#oregano#foodpic #feedfeed @thefeedfeed #KAUMO #🎅#煮込み#無水調理#ハーブ#🍗#管理栄養士#healthy#ヘルシー#dietitian
instagram.com

鋳物とホーローで食材の素材の旨みを引き出し、密封性の高い無水調理で栄養も逃がさない。家庭の手料理でも格段においしい料理が作れる理由は、ありそうでなかった2つの機能性を組み合わせる技術にありました。

世界一おいしい秘密は“熱の伝わり方”

食材の熱の伝達には、フライパンで焼くような「熱伝導」、蒸気で蒸すように食材を表面から全体的に温める「対流」、電子レンジのように組織を壊さず内部から温める「放射熱」の3つがあります。

記事に関するお問い合わせ