無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話題の御朱印をいただき、元気をもらおう!『関西 週末開運御朱印さんぽ』なら、楽しい寄り道付き♪

旅行・おでかけ

御朱印ビギナーさんにおすすめ!下鴨神社で6社の御朱印をいただこう

京都の街の中心部近くに、巨木が生い茂る「糺の森(ただすのもり)」とともに世界遺産に認定されている下鴨神社。広大な境内に摂社・末社が30以上集まり、うち6社で御朱印が通年拝受できます。縁結びや美麗祈願などのご利益があり、女性に人気の神社が多いのも特徴です。

御朱印は、北側の御本社近くの授与所で下鴨神社・相生社(あおいのやしろ)・御手洗社(みたらししゃ)・出雲井於神社(いづもいのへのじんじゃ 、通称:比良木社〈ひらきしゃ〉)の4つをいただくことができ、少し離れた南側の河合神社で、河合神社と雑太社(さわたしゃ)の御朱印が授かれます。

縁結びの相生社は水引、みたらし団子発祥と言い伝えのある御手洗社はみたらし団子など、それぞれに由来したかわいい印にも注目です!

※直書きは下鴨神社、河合神社のみ。ほか4社は書き置きで、写真は御朱印をノリで貼っています。

まずは、二祭神を祀る御本社におまいりを。ほか5社も必ずおまいりしてから御朱印をいただきましょう。『関西 週末開運御朱印さんぽ』には、正しいおまいりの手順も掲載しているので、ぜひご参考に。

お参りしたら、授与所で御朱印をいただきます。美しい墨書を目の前で直書きしていただくのは、嬉しいものです。

こちらが直書きされた下鴨神社(御本社)の御朱印。賀茂御祖神社は正式名称です。右上の神紋である双葉葵に注目を。昔から葵は「あふ(会う)ひ(神様の力)」と書き、大きな力と巡り合う意味があるそうです。

御本社の東奥にある御手洗社の授与所で、キュートな御朱印帳2750円を見つけました! 着物で使われるよくちりめん生地は少しずつ違う柄。ぜひお気に入りを見つけてみて。

美麗の神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀る河合神社では、人気の美人祈願をぜひ。

左がビフォアー、右がお化粧を施したアフターです。自身のメイク道具か備え付けの鉛筆を使って、手鏡の絵馬に自分の表情を自由に描き、「美」を祈願します。境内で奉納されたみんなの絵馬を見るのも楽しい!

下鴨神社

しもがもじんじゃ

住所: 京都府京都市左京区下鴨泉川町59

TEL: 075-781-0010

営業時間: 6時30分~17時

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ