無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニトリが正解!主婦が求めるおろし器は「疲れない」でした[LDK]

インテリア

計量カップやおろしがね、ピーラーなどなど、お家に必ずある定番のキッチンツール。地味な存在で、昔からずっと買い替えていないというお宅も多いのではないでしょうか。

でもじつは、キッチンツールも着実に進化。ラクで使いやすく改良されています。使いにくさを感じているなら、今こそ替え時かもしれません。

今回は数あるキッチンツールの中から、SNSで話題の製品や注目の新商品を200点ピックアップ。類似品と比較・検証しました。ストレスなし、ラク~に調理できるツボを押さえた優秀アイテムだけを紹介します!

大根などの食材を細かくすりおろせる「おろし器」。すりおろすときに力が結構必要なので、手や腕がすぐに疲れてしまいます。

軽い力でラクにすりおろすには、すべらない、持ちやすいなど、安定感のあるおろし器を選ぶ必要があります。

疲れないおろし器のポイントは、すべらないこと。

このようにゴム製のすべり止めでしっかり固定されているとガタガタとズレたりしないので、余計な力をかける必要はありません。

また、握りやすい取っ手も大切なポイント。手にフィットしやすい丸みのある取っ手だと、押さえる手に力をこめなくてもラクにすりおろせます。

そこで今回は、軽い力でできる取っ手付きおろし器5点をピックアップし、「おろしやすさ」と「使いやすさ」をポイントにプロと検証しました。それではランキングの発表です!

ニトリ
やさしいおろし器
実勢価格:1314円

公式サイトで見る

▼テスト結果
おろしやすさ:◎+
使いやすさ :◎

今回最も評価が高く、テストする女性誌『LDK』のおろし器ベストバイアイテムにも認定されたのは、ニトリ「やさしいおろし器」でした。

検証に参加したプロからも「軽い力で簡単におろせて手が疲れない!」と絶賛の声があがりました。

小さくなった大根のかけらも、力をかけずにすりおろせます。これなら弾みで手を傷つける心配もありません。

交互に向いた刃の力で、ムダなくラクにおろせます。穴も大きいので目詰まりしにくく、とてもすりおろしやすいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ