無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚すると苦労するかも…「結婚に向いていない男性の特徴」

恋愛・結婚

子どもを育てていく上での苦労に関してもわかってもらえずストレスが溜まってしまう……なんて事態に発展するでしょう。

こちらの気持ちを理解してもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

「自分の嫌いなものは皆も嫌いというタイプの旦那。私がすすめて否定していたものが良かった時に、最初から良いと教えていたような態度をとります。

でも、人間、自分の知らないことには否定から入ってしまうことってあると思います。それを旦那に伝えてから少しずつそういった態度は直すよう意識してくれていますね」(32歳・パート)

こちらの方のように相手を一旦受け入れ、自分が逆の立場だったら……と伝えることで改善されるパターンもあるでしょう。

お酒に飲まれやすい

お酒を飲むとちょっと厄介…なんて男性は、結婚後にお酒でトラブルを起こすかもしれません。

お酒を飲むと相手を傷つけるようなことを言うといった態度は、その矛先が妻に向かってしまうんです。

そのような傾向がパートナーにあるようなら、見切りをつけるか改善案を話し合うべきでしょう。

「夫は、酔うと説教をするタイプ。普段思っていることを酔うと私に言ってきます。

それが嫌で、家で飲んでいる時に私は自分の部屋にこもります。毎回ともなるとこちらもしんどいので…」(27歳・経理事務)

こちらの奥様は物理的に距離を置くタイプのようです。

その男性のタイプによって、上手い改善策を練るのも良いのかもしれませんね。

喧嘩すると威圧的になる

喧嘩をしたとき、彼はどんな風に怒りますか?

冷静に自分の考えを話せる人なら、結婚後もお互いの考えを議論することができます。

しかし残念ながらそんな男性はほんの一握りいるかいないか。

大きな声を出したり威圧的な態度をとるようなら、意見が衝突したときにあなたを押さえつけようとするかもしれません。

言葉や態度で相手を傷つけるのは、もはや「暴力」と言って良いでしょう。

こんなタイプとの生活は自分の気持ちを内に閉じ込めてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ