無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっとお部屋が好きになる♡おしゃれで居心地のいいお部屋に導く家具選び術

ライフスタイル

快適なソファは生活を豊かにしてくれるもの。でも、どんなに使い勝手が良くても見た目が好みでなければストレスになるし、どんなにおしゃれでもライフスタイルや用途に合わなければ邪魔になるだけ。購入してから「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないように、ソファ選びのコツを覚えておきましょう。

失敗しないソファの選び方① 自分に合ったサイズや座面を見極める

ソファ選びにおいてまず行ってほしいのは自分のお部屋でのシュミレーション。どこに置いて、どんな使い方をするためのソファーなのかをしっかり考えてください。それが、おしゃれかつ使い勝手のいいソファを見つけるための第一歩。
まずは、自分に合ったソファのサイズや座面は何かを知るためのコツをお伝えします。

コツ1:自分のお部屋で、ソファの大きさや高さをシミュレーションする

部屋の構造にあうソファのサイズをチェックする方法をご紹介します。ソファのサイズによっては圧迫感があったり生活しづらくなったりすることがあるので、それを防ぐためにもぜひ行ってみてください。

1. ソファを置きたい場所に新聞紙や段ボールを広げて大きさを確認
2. その上にスツールなどを置いて、ソファに座った時の目線の高さをシュミレーション

あわせて、歩行や掃除の邪魔にならないか、コンセントやスイッチの位置は問題ないか、搬入できるかなど、細くシミュレーションしておくとよいでしょう。

コツ2:自分の用途に合った、ソファの座面の広さと高さを知る

ソファは、座面の広さ(幅や奥行き)によって座り心地が大きく変化します。一般的に、座面が広いソファはあぐらや寝姿勢も取れるなど自由度が高い反面姿勢が保ちにくく、狭いソファは寝姿勢は取れないなど自由度は低い反面正しい姿勢を保ちやすいといわれています。また、座面が低いソファは安定感がある一方で立ち上がりにくく、座面が高いソファは安定感が少ない一方で立ち上がりやすいという特徴も。用途に合わせて、座面の幅、奥行き、高さ(シートハイ)を選びましょう。

ゆったりと食事や読書を楽しみたいなら、座面が広く高さが高いソファがちょうどよく、とことんくつろぎたいなら、寝転ぶこともできるよう座面が広く高さは低いソファがおすすめです。また、ちょっと腰掛けて身支度を整えるときは、サッと座ってサッと立ちやすい座面が狭く高さが高いソファ、テレビを見たり会話を楽しみたいときはほどよくリラックスできる座面が狭く高さが低いソファがぴったりです。

失敗しないソファの選び方② 構造と素材を確認する

お部屋でのシュミレーションが終わって、大まかなソファの形に目星がついたら、次はソファの構造や素材を確認しましょう。衝撃吸収材や、ソファの背面・フレーム構造なども、座り心地や使い勝手に関わってくるので必見です。

座り心地や耐久性が大きく変化。まず確認したい衝撃吸収材

衝撃吸収材とは、座面のクッションの下にあるバネのこと。見えない部分ではありますが、座り心地や耐久性、価格や重量に大きな差があるため、購入前にじっくりと考慮したほうがよさそうです。主な衝撃吸収材は3つ、順番に特徴を見てみましょう。

●コイルスプリング
全面に並べられた縦巻きスプリングで体重を均等にキャッチ。長時間座っても疲れにくい、耐久性が高い、へたりにくいといった特徴があるため、多くの高級ソファで使用されています。ただし、弾力が強いため横になるのには向いていません。

●S字バネ
S字バネは、波型スプリングを面状に連結させることで、弾力のある柔らかな座り心地を実現します。耐久性、クッション性などのバランスがいいオールマイティタイプです。ただ、端は座り心地が硬い、長期使用で座面中央がへたるという特徴も。

●ウェービングテープ
こちらは、特殊素材のテープを格子状に張ったタイプ。リーズナブルな価格のものが多く、デザインも豊富。金属の衝撃吸収材よりも軽いので模様替えや掃除がしやすいという魅力があります。ただ、耐久性が弱くへたりやすく、やや不安定。

それぞれのメリットとデメリットを比較し、自分にぴったりのものを選んでください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ