無料の会員登録をすると
お気に入りができます

独特の苦味で栄養満点!夏に食べたい「ゴーヤー」のお手軽レシピ8選

レシピ

夏に美味しい野菜といったらゴーヤー!

独特の苦味が美味しいゴーヤーは、夏バテ対策におすすめの食材です。

ゴーヤーの苦味成分のモモルデシンという栄養素は、胃腸の調子を整えたり、血圧を下げる効果が期待できるうえ、ビタミンCも豊富だから疲れ対策にぴったり!もちろん美容サポートも期待できます。

そんな栄養素たっぷりのゴーヤーを見逃さないよう、15分以内のお手軽レシピをご紹介いたします。サクッと作れるから、疲れた時でも試しやすいはずです♡

ゴーヤーの下ごしらえの仕方

ゴーヤーの両端を切り落とし、真ん中から縦長に半分に切ります。スプーンでワタをとり、1㎜から3㎜にスライスしたら完成です。

夏のゴーヤーレシピ8選

⑴ゴーヤの梅ツナ和え

oceans-nadia.com

ゴーヤーとツナの副菜を夏らしくするなら、梅干しを加えてみて。酸味が利く、夏の暑い日にぴったりの1品の完成です。苦味が好きな方は、茹でずに塩揉みからでも作れます。

ゴーヤの梅ツナ和え

⑵ゴーヤたっぷりオイスター炒め

oceans-nadia.com

味付けに失敗したくない方は、オイスターソースを使うレシピがおすすめです。ゴーヤーが苦手な方でも、オイスターソースが絡まると箸が進むはず。ジューシーなお味が好きな方は、ひき肉をたっぷり使うのも◎です。

ゴーヤたっぷりオイスター炒め

⑶トマトとゴーヤの塩昆布炒め

oceans-nadia.com
記事に関するお問い合わせ