無料の会員登録をすると
お気に入りができます

皮がパリッパリ!「ベーコンエピ」基本の作り方とアレンジレシピ3選

ベーコンエピは、パン屋さんにもよく並んでいる定番ハード系パン。ベーコンのうまみを吸ったシンプルなパン生地は、皮がパリパリで噛むともっちり!今回は、ベーコンエピの基本の作り方とアレンジレシピ3選をご紹介していきます。

uli04_29

レシピ

ベーコンエピの手作りに挑戦してみよう!

Photo by uli04_29

ベーコンエピとは

エピとはフランス語で「穂」のこと。麦の穂のような見た目をしたフランスパンのことをエピと呼び、特にベーコンを生地に織り込んだエピをベーコンエピと言います。

切り込みを入れて麦の穂のような形にして焼き上げることで、短時間でもしっかり焼くことができ、皮がパリッと歯触りのいい食感に仕上がります。切り込みを入れた部分をちぎって食べやすいのもエピの特徴です。

ベーコン以外の具も

本場フランスで何も生地に折り込まないシンプルなエピが一般的ですが、日本ではベーコンやチーズ、枝豆やオリーブなどさまざまな具材を使うエピが人気です。ブラックペッパーなどのスパイスを入れるエピも、アンズなどフルーツを折り込むスイーツ系のエピもあります。

ベーコンエピの基本の作り方

Photo by uli04_29

ご紹介するベーコンエピのレシピは意外と簡単!「こねる・一次発酵・成形・最終発酵・焼き上げ」というシンプルな流れです。

フランスパンなどのハード系パンは発酵時間や温度調節が難しいものですが、今回は扱いやすい配合の生地を使うことでハード系パン初心者さんも作りやすくなっています。ぜひ、挑戦してみてください。

材料(3本分)

Photo by uli04_29

・強力粉……200g
・ドライイースト……2g
・砂糖……5g
・塩……3g
・水(ぬるま湯)……125g
・ベーコン……ハーフサイズ6枚ほど

生地の作り方

Photo by uli04_29

ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れてホイッパーなどでしっかり混ぜ合わせておきます。水は500Wのレンジで30秒ほど温め、ぬるま湯にしておきましょう。

Photo by uli04_29

混ぜ合わせた粉類にぬるま湯(30℃ほど)を加え、手でぐるぐると混ぜます。まとまるまで1~2分混ぜ続けましょう。

Photo by uli04_29

生地がまとまったら打ち粉(強力粉)をした作業台に取り出し、こねていきます。上下に生地を伸ばすようにして丸める、角度を変えてまた伸ばして丸める、という作業を7分ほど繰り返しましょう。20回伸ばすたびに1度生地を作業台に叩きつけるようにするとベストです。

Photo by uli04_29
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ