無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルでおいしい「焼き野菜」の作り方4つ&おすすめソース3選

レシピ

野菜を焼いて完成!の「焼き野菜」、シンプルな調理法ではありますが、野菜のうまみがぎゅっと詰まって、奥深い味になるのが特徴です。今回は基本的な焼き野菜の作り方を調理法別に4種類と、焼き野菜に合わせたいソースのレシピをご紹介します。

migicco

オーブンで焼く方法

大きな天板でたくさんの材料を一気に焼きあげるオーブンは、大量の焼き野菜を一度に作りたい時に最適です。焼き野菜マリネを大量に仕込みたい時や、おもてなしの時などに活用するとよいでしょう。

野菜の隣で肉や魚を一緒に焼いて、メインと付け合わせを一気に作れば時短になりますよ。

材料(4人分)

・ナス……21本
・ズッキーニ……1本
・赤、黃パプリカ……各1個
・オリーブオイル……大さじ1
・塩……ふたつまみ

作り方

カットした野菜にオイルをまぶします。

天板にオーブンシートを敷き、野菜を重ならないように並べます。180度に予熱したオーブンで20分焼き、天板ごと取り出します。

焼けた野菜に塩をふって完成です。

おすすめの食べ方

ソースをかけて焼き野菜サラダに

こんがり焼けた焼き野菜をシンプルに味わうなら、サラダがおすすめ。皿にバランスよく盛って、お好みのドレッシングやソースをかけましょう。

シンプルに塩やオリーブオイル、レモンをかけて食べてもおいしいですし、味噌マヨネーズやチーズソースなどこってりした味付けとの相性もGood◎ ポン酢や醤油など、和の調味料もよく合いますよ。

マリネにアレンジ

程よく水分が抜けた焼き野菜をマリネ液に漬けておけば、簡単焼き野菜マリネのできあがり。肉や魚料理の付け合わせにしたり、サンドイッチの具としてもおすすめです。

ジッパー付きのポリ袋に焼き野菜を入れて漬けこめば、少量のマリネ液でしっかり味がしみますよ。

カレーのトッピングにも!

カレーのトッピングとしての焼き野菜は、スープカレーなどではすっかりおなじみになりました。

食べる人の好みによって、トッピングの量を調節できるので、家族で一緒にカレーを食べる際に、それぞれ自分好みの焼き野菜をのせて楽しむといいですね。

ナスやズッキーニ、トマトなどの野菜がおすすめです。

焼き野菜におすすめのソースレシピ3選

1. 濃厚バーニャカウダ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ