無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなの使い方が気になる!《カラーボックス》の便利な活用術♡

インテリア

プチプラで手に入るカラーボックス。収納家具としてはもちろん、アレンジを加えてリメイクを楽しんでいる方は多いです。

そこで今回は、カラーボックスの活用術をご紹介していきます。簡単に真似できるアイデアもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Chami

プチプラで手に入るカラーボックス。収納家具としてはもちろん、アレンジを加えてリメイクを楽しんでいる方は多いです。

そこで今回は、カラーボックスの活用術をご紹介していきます。簡単に真似できるアイデアもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

カラーボックスの活用術をご紹介★

ベーシックな使い方

モノトーンで統一されたスタイリッシュなお部屋。カラーボックスを5つ並べて収納スペースに。あまり物を詰め込まずに、見せる収納として活用されています。

カラーボックスの上には小物をディスプレイして、オシャレな空間に。

服をキレイに畳んで入れるだけで、服屋さんのようなオシャレな収納に。Tシャツの柄がちらっと見えていて、オシャレな雰囲気を演出してくれています。

ニトリのカラーボックスを使った収納。お店では棚板や扉なども販売されていて、自分の使いやすいようカスタマイズできるので、人気のあるアイテムになっています。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

ダイソーの編みカゴ調フタ付きボックスは、カラーボックスにシンデレラフィット。ラベルはセリアの転写シールを拡大コピーしたものだそうです。

カラフルなボックスを組み合わせて、子ども部屋の収納に。白いケースはニトリ、色つきのものはビバホームで販売されているものです。

ごちゃごちゃしがちなおもちゃをケースに収納して、スッキリとした空間に。

ニトリの扉付きカラーボックスを使ったインテリア。小さなテーブルと組み合わせて設置して、テレビ台のように使用しています。

扉付きなら中身が見えないので、見た目もオシャレですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ