無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなの使い方が気になる!《カラーボックス》の便利な活用術♡

インテリア

プチプラで手に入るカラーボックス。収納家具としてはもちろん、アレンジを加えてリメイクを楽しんでいる方は多いです。

そこで今回は、カラーボックスの活用術をご紹介していきます。簡単に真似できるアイデアもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Chami

小物をセンスよく並べ、男前風のオシャレなインテリアに仕上げていますね。

キッズ用にアレンジ

木材と組み合わせて、子ども用のおままごとカフェカウンターをDIY。

飾り付けがとてもオシャレなので、インテリアアイテムとしても活躍してくれそうなカフェカウンターに仕上がっています。

こちらもカラーボックスでおままごとカフェカウンターをDIY。

2段と3段のカラーボックスを組み合わせてDIYされていて、完成度がかなり高いです。子どもも大喜びで遊んでくれそうですよね。

カラーボックスを土台にして、おままごとキッチンをDIY。手洗い場やコンロを上手く再現されていて、まるで市販のもののような仕上がりになっています。

カラーボックス部分におもちゃを収納することができるので、お部屋もスッキリ片付きます。

カラーボックスに板を取り付け、キッズスペースの仕切りをDIY。

カラフルなおもちゃ類も仕切りで目隠しすることができるので、お部屋もスッキリします。秘密基地のようなスペースで、子どもも喜んで遊んでくれそうですよね。

カラーボックスと壁に突っ張り棒を設置し、子ども用のオープンクローゼットに。子ども用の服は軽いので、カラーボックスで突っ張っても落ちることがなく安全です。

カラーボックスを2つ組み合わせて、学校用品を収納できるスペースに。ポールを設置すれば制服をかけるスペースも確保できます。

キッチンカウンターとして

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ