無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってはいけないNG収納8選!「収納場所をつくってもすぐ散らかる……。」逆効果な収納の落とし穴。

インテリア

どんなにキレイに片付けても、キレイが継続しなきゃ意味がありませんよね。片付けが苦手な人も、ちょっとしたコツで片付け上手になります。
さっそく「やめると片付く収納8つ」を見ていきましょう。

NG収納1. 出し入れの動作が多すぎる

毎日使うモノは少ない動作で出し入れできるようにしましょう。一番いいのは「ケースから取るだけ」「フックから取るだけ」のようなワンアクションの収納法です。

www.youtube.com

出しっぱなしにしたくないモノは引き出しの中にしまったり、扉付きの棚にしまうのがおすすめです。

引き出しからモノを直接出す時は「3アクション」です。
これ以上動作数が増えると片付けが面倒になり、出したモノをしまわなくなります。

www.youtube.com

NG収納2. 棚と収納ボックスのサイズが合っていない

収納ボックスを購入するときは、置く場所や奥行きにピッタリ合ったものを選ぶと空間を無駄なく使ってたくさんのモノを収納できます。

www.youtube.com

Samiaさんのおうちのキッチンカウンター下は奥行き40センチに対し、奥行39センチのニトリのボックスを使っています。

高さは棚の高さピッタリすぎると手をいれにくいので、少し低めにするのがおすすめです。
また、奥行が足りないボックスを選んでしまうと、その分収納できるモノが少なくなってしまいます。

www.youtube.com

奥行が足りないボックス

さらに手前の空いた場所についモノを置いてしまい、収納したモノが取り出しにくくなることもよくあるので、置く場所のサイズを測ってから収納ボックスを選びましょう。

NG収納3. ずっと置きっぱなしの一時置き場

郵便物や子こどもの学校のプリントなどを置く「一時置き場」。

www.youtube.com

あくまで一時的な場所なので定期的にチェックして捨てるものと保管するものを仕分ける必要がありますが、それができないと書類がどんどんたまってしまいがちです。溜まるほど億劫になるので、その都度仕分けるのがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ