無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[子どもの絵や作品]増える・かさばる・でも捨てられない…の泥沼から救う、誰でもできる収納術

子育て

子どもの作品は大切な思い出だけど増え続けてしまう…

家や園・学校で子どもが描く絵、工作の作品はあっという間に増えていきますね。

子どもの成長が感じられる大切なものではありますが、そのままにしておけば部屋のあちこちが作品だらけになり、おもちゃと混ざって遊びにくくなったり、勉強スペースの邪魔になってしまうことも…。
なにより、作品そのものの扱いが雑になってしまうのは悲しいことですよね。

しかしいざ片付けようと思っても、思い入れがあり子どもが手放さなかったり、大きくて保管が難しいものもあったりと、なかなか思うようにいかないものです。

また、子どもは手放していいよといっても、親の方が手放せないなんてこともあるのではないでしょうか。

まずは子どもの作品を活かし、大切なものをきちんと残しつつどう手放していくか、見直していきましょう。

飾って子どものモチベーションを上げよう

作った作品は、遊べるものは遊ぶのが一番。飾れるものは飾るのが一番です。

親が飾ってくれることは子どもにとって、とてもうれしいこと。
絵など平面のものはマスキングテープでおしゃれに貼ったり、額に入れたりしてアート作品にしてしまいましょう。それだけで素敵な空間になりますよ。

季節の作品は玄関に飾るのもいいですね。

ここで大事なのは、部屋中に飾らないで必ず場所を1か所に決めることです。
部屋のあちこちにあると散らかって雑多な印象になりますし、飾るのも片付けるのも大変です。

▲作品コーナーを作ってときどき入れ替えるのも楽しい

また、次の作品が来たら入れ替えるなど、“ルール”も決めましょう。作品がどんどんたまってしまうことを防げますし、飾っているものにほこりがかぶってしまうのも防ぐことができます。デパートのディスプレイのように季節ごとやイベントごとに変えると楽しいのではないでしょうか。

きょうだいで一か所に並べるのか、きょうだいごとに飾る場所を決めるのか…子どもの希望もあるでしょうから、迷ったときは勝手に決めず家族会議で決めるとよいでしょう。

▲複数の絵を1枚の作品のようにして飾っても!

工作が大好きで飾りきれない場合は、子どもの作りたい!という気持ちを最大限に利用し、1回作った作品を別の作品に作り替えたり、祖父母へのプレゼントにアレンジしたりしてもいいかもしれませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ