無料の会員登録をすると
お気に入りができます

筋肉の癒着をほどき、股関節のポジションを良くする[腸腰筋&深層外旋六筋の筋トレ・ストレッチ]

美容

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左脚に力が入りやすくなるように左足首を90度に曲げたら、腰を軽く反らす。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左手を離し、左脚を曲げたままキープ。腸腰筋が最も収縮したこの状態で10秒×5回。反対も同様に行う。

10秒5セット
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

深層外旋六筋

深層外旋六筋
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ストレッチ

針の穴のポーズでじんわり伸ばす
股関節を6方向から支える深層外旋六筋も、股関節の安定に欠かせない筋肉。針の穴のポーズでお尻のインナー筋を伸ばします。

仰向けになり、両膝を立てた状態からスタート。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左足首を右の前腿にひっかけて4の字をつくる。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

組んだ脚の間から手を通し、右の腿裏を両手で掴んで、右膝を右胸に引き寄せる。5呼吸したら、脚を入れ替えて同様に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ