無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏までに-2㎏![イオン]「食べてやせる!ダイエットの神食品7種」週7日通うマニア激推し

美容

ハンバーグに玉ねぎが使用されていない分、玉ねぎのソースをしっかり堪能できます。

【イオンのダイエット低糖質食品3】便利な冷凍!柚子おろし「大豆ミートのハンバーグ」

‐ 【大豆からつくったハンバーグ 柚子おろしソース】(321円・税込)

・エネルギー178キロカロリー(ハンバーグ+ソース 100g当たり)

・たんぱく質12.1g(ハンバーグ+ソース 100g当たり)

・脂質7.0g(ハンバーグ+ソース 100g当たり)

ここまでは冷蔵品でしたが、こちらは「冷凍食品」のハンバーグです。冷蔵品に比べて賞味期限が長いのが、メリットのひとつです。

具体的に言うと、私が買った冷蔵ハンバーグの賞味期限は1か月先でしたが、冷凍では半年先でした。

さらに2個入りで「321円」と、冷蔵タイプよりもコスパがいいのもポイント。もしかしたら、大豆ミートに慣れてきた「経験者向け」のアイテムかもしれません。

しかも、保存料、着色料、調味料(アミノ酸)の使用なしで作られているのも、素敵ですよね。

解凍せずに温めるだけなので、食べたいときに時間がかからずに作ることができます。添え付けのソースも、水につけて解凍するだけです。

付属の柚子おろしソースは、女性向けの甘酸っぱい味付けです。ただし大豆ミートはもともと、肉に比べてさっぱりしているので、柚子ソースと和えると人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、個人的には「イオンは柚子系の料理もすごく上手」だと思っています。最近販売された惣菜ですが、ヘルパDELIシリーズの「丸ごと豆腐の柚子香る和風あんかけ」も、柚子の使い方が見事でした!

ダイエットには「一部が大豆ミート」のレトルトもおすすめ

ここまでは「大豆で作ったハンバーグ」を使った総菜のご紹介でした。

ここからは、お肉の「一部」に、大豆ミートを使ったレトルト食品を紹介します。肉も使われているので、大豆ミート初心者の方なども、使いやすいのではないでしょうか。
しかも、ほぼ100キロカロリー以下!とヘルシーなのも特徴です。

外食先などで誰かと一緒にご飯を食べると、ついカロリーが高いものを選びがち。ひとりランチのときに取り入れて、上手にカロリーや糖質をコントロールしたいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ