無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダスキン監修]梅雨のジメジメを一掃!きれいなキッチンづくりは雑菌対策が大切

お掃除

キッチンの雑菌対策をプロが伝授!

湿気が多く気温が高い時期、キッチンからイヤな臭いがしたり、ジメジメとして不衛生に感じたりすることはありませんか?そんなときは、しっかりと雑菌対策をすることで、清潔なキッチンがキープできますよ。

本記事では、ダスキンで衛生対策のプロとして活躍している衛生管理コーディネーター・平良朋美さんに、きれいなキッチンを保つ方法を教えていただきました!

株式会社ダスキン

キッチンに潜む雑菌。繁殖の原因や対策方法は?

キッチンで雑菌が繁殖する3つの条件

キッチンは食事を作る場所。目に見えない雑菌を知らずに触り、体内に入れていると思うと怖いですよね。まずはキッチンで雑菌が繁殖する3つの条件について伺います。

「発生・繁殖する条件は『食品のゴミ』『水分』『温度』の3つです。雑菌は1つの場所から勝手に増えるのではなく、人の手、洗い残し、雑巾など、何かを媒介して増えていきます。環境が整っていないキッチンはイヤな臭いがしやすかったり、不衛生な状態になりやすかったりしますよ。

とくに湿気が多く、気温が高いこの時期は要注意。水分が残ったままで、温度が15℃以上になると雑菌が繁殖しやすいんです」

繁殖させない3原則

「知らず知らずのうちに体に進入している雑菌が起こすのは、軽い腹痛から食中毒までレベルに差があります。人の傷から繁殖するのは黄色ブドウ球菌が多いですね。食中毒の原因でよく挙げられるのは、牡蠣(2枚貝)からノロウィルス、魚の切り身に潜むアニサキスといった寄生虫、鶏卵の殻についているサルモネラ菌、生肉のカンピロバクターなどです。

もちろん皆さん気をつけているとは思いますが、気づかないうちにそれらの雑菌を広げ、見えないところで繁殖しています。対策に大切なのは、『つけない』『増やさない』『やっつける』の3原則。この3原則をおこなうためには、きれいなキッチンづくりが欠かせません!カビも繁殖しやすい季節なので、対策をすると予防になりますよ」

ここからは、“雑菌が繁殖する3つの条件” “繁殖させない3原則” をもとに、きれいなキッチンづくりのポイントを教えていただきます!

5つのポイントできれいなキッチンをキープ!

その1. ドライメンテを習慣化する

Photo by Asuna Igari

「雑菌が好きな水気を残さないように、ドライメンテをおこないましょう。実はレストラン等でも推奨されている方法です。水が乾いていく間にも雑菌は増えていくため、とにかく水滴を残さないことが大切。

濡れたお皿を放置しない、作業台やコンロまわりは濡れたら拭き上げるなど、その都度ドライメンテをおこなうと雑菌の繁殖を防ぎ、きれいをキープできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ