無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事時間が一気に減る!整理収納アドバイザーが実践する“賢い8つの収納術”

インテリア

整理収納アドバイザーのkazukoです。お家で過ごす時間が長くなったこともあり、苦手な家事をもっとラクにしたい、肩の力をぬいて家事に向き合いたい、とお考えの方、多いのではないでしょうか。私自身、家事はあまり得意ではありませんが、収納を味方につけて、家事が苦手な私でもなんとか暮らしが回るように工夫しています。そこで今回は、苦手な家事のハードルを下げるため、収納面で工夫していることや、家事をラクにするために工夫していることをご紹介します。

水回りは浮かす収納

お風呂場や洗面所のアイテムは、とにかく浮かす収納で掃除の手間を省きます。ぬめりやカビ防止になるので、掃除がラクになりますよ。

名もなき家事をなくす収納

シャンプー類は詰め替えない

シャンプー類の詰め替えが面倒で、我が家では花王の「スマートホルダー」を活用しています。付け替えが簡単で、ボトルも汚れにくく、扱いやすいので気に入っています。詰め替え用のラクラクecoパックは、ネットでまとめて購入。

お風呂・洗面台の排水溝はステンレス製に変えて、ゴミを見える化

お風呂・洗面所の排水溝の掃除が面倒で、汚れをためがちだったので、ステンレス製に変えて、フタを撤去してゴミを見える化しています。嫌でもゴミが目に入るので、こまめに掃除するようになりました。ステンレス製はぬめりにくく、お手入れもラクです。

苦手な家事をラクにするために、工夫していることをご紹介しました。家事のハードルが下がると、気持ちがラクになり、家事に気楽に向き合える気がします。完璧を求めすぎず、無理なく、自然に家事をこなせるよう、できることから始めてみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ