無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あぁ、ぬか床が愛おしい!夏防止にはじめたい「ぬか漬け」の基本

レシピ

漬け物作りは決して難しいものではありません。腸を整え、長寿も叶う、わが家の味に挑戦しませんか? そこで定番のぬか漬けから簡単浅漬けや変わり漬けまで、一生使える漬け物レシピをご紹介。今回は、ごはんのお供にピッタリな「基本のぬか漬けレシピ」です。

家で作る漬け物は簡単に漬けられるだけでなく、感動できるほどのおいしさがあります。自分で作るから栄養満点で節約にもなります。

長期保存できるものが多く、一度作れば長く食べられる元祖作りおき食品です。手早く作れるものもたくさんあるので、時短調理が叶い、プラス一品にも最適。

また、定番漬け物だけでなく、しょうゆ漬けやみそ漬け、オイルやヨーグルト漬けなどアレンジも自在。塩けやうま味を生かして、調味料代わりに使えばおいしい料理が作れますよ。

今回は、食べたい野菜を1日漬けるだけで完成するぬか漬けの基本レシピをご紹介します。

難しい印象のあるぬか漬けですが、基本がわかれば気軽に挑戦できます。昔ながらの巨大な樽は不要、ホーロー容器で作れて、専用のものもたくさん売られています。

手がかかるのは、ぬかを育てる最初の10日間だけ。手でかき混ぜる、捨て野菜を取り換える作業をするうちにぬか床に愛着がわいてくるはずです。この作業が終われば、好きな野菜を漬けられるようになります。

野菜だけでなく肉や魚もうま味が凝縮する、昔ながらの賢い調理法です。特に夏はぬか漬けがおいしい季節。夏に不足しがちな栄養もたっぷりで、夏バテ対策にもおすすめです。

大きな樽じゃなくてもホーロー容器でOK。ぬか漬け専用の容器も、気軽に購入することができます。

▼オススメのぬか漬け専用容器

野田琺瑯
ぬか漬け美人
実勢価格:3813円

大根の皮や葉、キャベツの外葉など、水分の出やすいくず野菜を漬けて、発酵を促す「捨て漬け」を10日~2週間程度行います。

捨て漬け後、1日1回下から上にかき混ぜ、表面を清潔に保ちます。夏は2回が目安。冷蔵庫なら2~3日に1回でOK。1週間以上お手入れできないときは、冷凍庫で保存しましょう。

肉類や魚介類でもぬか漬けを作ることができます。野菜以外の素材も、味わい深くなります。

漬け時間:1日
保存期間:5日~1週間

発酵したぬかの酸味と塩けが、ごはんのお供にピッタリな基本のぬか漬け。ぬか床自体は簡単に作れるから、毎日のメンテナンスだけ頑張りましょう。素材にやさしい塩味がしみこみ、ほのかな酸味が口に広がります。

<材料>
・かぶ
・にんじん
・きゅうり
・大根
・みょうが
※ぬか漬けは好きな分量を漬けられるため、材料の分量は示していません。お好みの量を漬け、ぬか漬けを楽しみましょう。

[ぬか床]
・米ぬか……500g
・あら塩……70g
・水……500ml
・昆布……1枚(15㎝)
・赤唐辛子(種をとる……2本

<作り方>
▼STEP1

水に塩を加え混ぜながら溶かします。(沸かしたお湯に塩を加えると溶けやすいです。その場合は冷ましてから使いましょう)

▼STEP2

容器またはボウルにぬかを入れ「1」を少しづつ加えながら混ぜます。

▼STEP3

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ