無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食洗機投入で時間に投資!このメーカー2択で良いと思います

ライフスタイル

家で過ごす時間が増えている昨今、家電製品の売れ行きは絶好調だそうです。そこで、家電の専門家たちがおうち時間で使いまくった新製品から、おすすめアイテムを選りすぐって紹介。今回はキッチン家電部門としてサンコーとパナソニックの食器洗い乾燥機です!

自宅で過ごす時間が増えるなか、家電の売れ行きが好調のようです。気軽にお出かけしづらい昨今、レジャー費用を気になっていた家電に投入し、家時間をグレードアップするのもいいかもしれませんね。

そこで2021年上半期に爆売れしたヒット商品の中から、選りすぐりのおすすめ製品を紹介します。家電のプロや識者たちが実際に使ってみて、家から出たくなくなったというほどの逸品ぞろい。

今回は需要増加のキッチン家電から、再販しては即売り切れを繰り返すサンコーの「水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 ラクア」とタンク不要のコンパクトなパナソニックの「食器洗い乾燥機 NP-TCR4-W」です!

サンコー
水道いらず タンク式
食洗機 ラクア
実勢価格:3万2340円
サイズ・重量:W425×H455×D410mm・13kg 消費電力:934W 洗浄モード:6コース(通常洗浄、スピード、エコ、強力洗浄、水洗い、乾燥)

発売後に即完売したというサンコー「水道いらずタンク式食洗機 ラクア」。最大の特徴であるタンク式の恩恵で工事をしないで設置ができるのが人気の秘訣。排水ホースを接続するだけでどこでも使用できるので、賃貸物件でも問題ありません。

気になる洗浄力ですが、ダブルノズルの強水流が庫内をまんべんなくまわり、ほぼ汚れを落としました。しかし、サイズはかなり大きいので事前にスペースを確保することをオススメします。

皿の間隔が狭く、水流が届きにくかった一般的な洗浄機に対し、サンコーの洗浄機は水流がまんべんなくまわるスペースが確保されています。

一般的な洗浄機だとあまり落ちない頑固な汚れ、カレーがこびりついた皿。

頑固なカレーや卵の黄身もほぼ落とすことができました。

お皿とお皿の間は余裕のある設計になっています。強水流で汚れを落としてくれます。

庫内上部を引き出すと寝かせておくことができます。小皿なども一緒に置けます。

兄弟誌「家電批評」での検証でもサンコーは高評価でした!

パナソニック
食器洗い乾燥機
NP-TCR4-W
実勢価格:3万8368円
サイズ・重量:W470×D300×H460mm・12kg

パナソニック「食器洗い乾燥機 NP-TCR4-W」は、洗浄時間が短いのにキレイにしてくれる定番の製品です。設置には蛇口に分岐水栓方式で行う工事が必要ですが、タンクが必要ない分コンパクトな作りになっています。

サンコーの食洗機を置くとスペースを圧迫されてしまう人にオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ