無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[奈良]かき氷2021|うるわしの「削氷」を「奈良の雑貨とカフェ&BAR ことのまあかり」にて

旅行・おでかけ

奈良の歴史や風景をモチーフにしたオリジナルの雑貨が並ぶ「奈良の雑貨とカフェ&BAR ことのまあかり」。歴史好きや雑貨好きの方が多く訪れるお店ですが、夏のお目当てはやはり「削氷(けずりひ)」。古代の出来事や人物に発想を得て作られたキラキラした削氷2種類をいただいてきました。

昭和の空気感漂うレトロ喫茶を受け継ぐ、宝探しのようなカフェ

「奈良の雑貨とカフェ&BAR ことのまあかり」があるのは、近鉄奈良駅からまっすぐ南に延びる小西さくら通り商店街をちょっと脇道に入った建物の2階。駅から徒歩2分ほどの距離なのにちょっと隠れ家感がある不思議な雰囲気のお店です。

純喫茶やレトロ喫茶好きならばピンとくるかもしれませんが、2011年に閉店した「可否茶座 アカダマ」のあった場所にあります。

屋号を記した樹齢800年の春日杉の看板や、階段に飾られた奈良の仏像の大きなパネルなどがそのまま残されていて、奈良好きな人にはたまらない空間になっています。

店内には奈良をモチーフにした雑貨や歴史にちなんだ、ここに来ないと購入することのできないオリジナル雑貨がたくさん並びます。

削氷「氷高」、独身の美しい女帝をイメージした氷

さて、オーナーの生駒さんは奈良の歴史や文化が大好き。奈良の本を作ったり、イベントの企画運営などをしたり、オリジナル雑貨のデザインなどを手がけたりしています。なので、看板メニューのかき氷もすべて奈良の歴史にちなんだネーミング。

氷高(ひだか/みぞれ・琥珀糖・バニラアイス)810円 +250円で本葛餅をトッピングできる

かき氷を「削氷」とよぶのも、清少納言が『枕草子』の中で書いた一説「あてなるもの。削り氷に甘蔓(あまづら)入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」から。電気もガスもない時代に、削り立ての氷を金の器に入れていただくなんて、本当に上品で優雅な愉しみ。琥珀糖削氷「氷高」は、清少納言が「あてなるもの(上品なもの)」として紹介した削氷のイメージで、金鋺に入って提供されます。

ネーミングの「氷高」は「大化改新」への道を開いた立役者の一人、中大兄皇子の孫にあたる氷高皇女(元正天皇)から。後世に語り継がれる美貌をもちつつも、独身を貫いた孤高の美しさを、真白なみぞれ氷とパステルカラーの琥珀糖で表現しています。みぞれは、何種類もの砂糖を独自に配合した自信作。中にはバニラアイスが入って、味の変化が楽しめます。

削氷「蘇我入鹿」、すももの甘酸っぱさが残るすっきりとした氷

蘇我入鹿(そがいるか / すもも)788円、氷を掘りやすいシャベル型のスプーンもキュート。+86円で練乳、+130円でバニラアイス、+250円で本葛餅をトッピングできる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ