無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの家は「住んでイイ家」?それとも「ヤバい家」?開運アドバイザー直伝“運が上がるイイ間取り”とは

占い

風水と聞いて、迷信や占いだと思っているなら、大間違い。正しくは、中国で生まれた「運気をあげる方法」です。そこに、日本独自の「家相」を取り入れ、現代仕様の風水を生み出したのが、開運アドバイザーの愛新覚羅ゆうはん先生。先生曰く「住まいが変われば人が変わる」んだとか。そこで、今回は「住んでイイ家」と「ヤバい家」についてお話を伺いました。

住環境が人生を左右する

stock.adobe.com

「『外=社会』だとすると『内=住まい』というふうに、内側がどれだけ充実しているかで、外側への関わり方や発信にも影響が及びます」と話すゆうはん先生。

たしかに、ゆっくりくつろげる家なら、疲れた体を癒すことができ明日への活力が生まれます。オープンマインドな家なら、たくさんの来客が幸運を運んできてくれそうです。

すでに、今住んでいる家があまり好きではない、住みにくい、と感じている人。また、最近なんだかうまくいかない、体調が悪い、不幸が続くというのであれば、今すぐ風水によるメンテナンスが必要かもしれません。

あなたのお家は、大丈夫?

stock.adobe.com

風水や家相に裏付けされた「いい家」には、ある一定の条件があります。まずは、あなたの家がどれだけそれに当てはまるのがチェックしてみましょう。

イイ間取CHECK!

□日当たりがよい

□四角形の間取り

□北西・東南にでっぱりがある

□天井が高め

□風通しがよい角部屋・最上階・単室

□水場が玄関を入って右以外の所にある

□生活しやすい動線になっている

□玄関が広く明るい

□車庫と家の建物は別々になっている

□天井や壁に梁が少ない

□窓があり、心地よく空気が出入りする

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ