無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[化粧水]夏だからって保湿サボってない? 乾燥は美白の敵! 気をつけて

美容

いつの間にか増えているシミやくすみで、老け見えしてると感じることありませんか? 脱・老け肌を目指すなら、美白って大事。そこで、美白化粧水を使おうと思っても、たくさんあって口コミで選ぶのは大変ではないですか? そこで雑誌『LDK the Beauty』が、新作・人気の12製品を徹底比較。おすすめの美白化粧水を紹介します。

美白化粧品のCMや広告を見ていると、「これを使えば色白肌になれるかも?」なんて気分になったりすることありませんか。

そもそも、美白化粧品はなんのために使うのでしょうか。『LDK the Beauty』でアンケートをとってみたところ、けっこう思い違いをしている人も多いようなんです。

Q 何のために美白していますか?

※『LDK the Beauty』公式Twitterアンケートより

アンケートでは、なんと約6割の人が「肌を白くしたい」「シミを消したい」という目的で美白化粧品を使っていました。でも実はこれって誤解なんです。定着したシミは化粧品で消えませんし、元のお肌の色以上に白くなることもないんです。

美白化粧品での美白ケアの役割は、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐこと。つまり予防です。

肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れ、シミやくすみなどの肌悩みを引き起こします。そこで、美白肌を叶えるために大切なのは、なんといっても保湿。そこで、シミやくすみを抑えて美白肌を目指すなら、肌のうるおいを守り、しっかりキメを整えるのが大事。

つまり、乾燥の気になる季節だけでなく、夏でも保湿って大事なんです。

そこで、有効成分の入った保湿力の高い美白化粧水を使って、しっかりケアをしようと思っても、医薬部外品の美白化粧水はたくさんの製品があって、口コミを頼りに選ぶのは難しいと思いませんか?

そこで雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、ドラッグストアやAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、デパート・百貨店で買えるデパコス・人気・定番のプチプラ製品など美白化粧水を12製品ピックアップし、オススメはどれか、徹底比較しました。

▼今回テストしたブランドはこちら
・アクアレーベル
・アルビオン
・キュレル
・黒糖精
・コラリッチ
・トランシーノ
・肌ラボ
・美容原液
・無印良品
・メラノCC
・dプログラム
・HAKU

シミ・くすみの予防には薬用の美白化粧水が効果的です。なぜ美白化粧水がいいのか、その理由を見ていきましょう。

肌の乾燥が進むと、肌のキメが乱れる原因になります。キメが乱れた肌は光をうまく反射できず、どんよりとくすんで見えてしまいます。

一方、うるおってキメが整った肌は、ツヤがあって明るく見えます。

「ヒアルロン酸」や「セラミド」などの保湿成分が配合され美白化粧水で保湿することにより、乾燥によるくすみ改善が期待できます。

紫外線を多く浴びると、シミのもとのメラニンがつくられ、メラニンが蓄積するとシミになります。

美白成分によって肌のターンオーバーが促進され、シミができにくくなります。美白有効成分が配合されていれば、より効果が期待できます。

▼主な美白有効成分
[ビタミンC誘導体]
ビタミンCを安定化させた成分で、メラニンの発生を抑制したり、メラニンの還元といった効果があります。毛穴のケア成分としても人気があります。

[トラネキサム酸]
メラニンの生成を抑制するほか、抗炎症作用も持っています。肝斑の内服薬としても使用されています。

[アルブチン]
コケモモに含まれる成分で、メラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを阻害してメラニンの生成を抑えます。

[コウジ酸]
味噌やしょう油に含まれる麹菌由来の成分。チロシナーゼの活性を阻害して、シミ予防やくすみケアに効果的です。

[カモミラET]
カモミール(カミツレ)の花に含まれる成分です。色素の沈着を抑制する作用があり、天然植物由来の美白成分として注目されています。

[4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)]
資生堂が開発した美白成分です。ピーリング効果のあるサリチル酸の誘導体で、蓄積されたシミの元であるメラニンを排出する効果があります。

どんなに優秀な美白化粧水を使っても、間違った使い方をしては台無しに。効果的な使い方をマスターしましょう。

化粧水の力を最大限に引き出すポイントはハンドプレス。手の温度であたためられて、浸透力が高まります。

[押し込み塗り]
手のひら全体で包むように押さえます。手の温度を感じ、そっと顔を包みこむと温まって浸透しやすくなります。

[目開き塗り]
意外と塗り忘れてしまう目の下は、目を開けながらそっと押しあてて塗るのがポイントです。目の周りには力をいれないよう注意しましょう。

どちらもたっぷり手にとって、しっかりなじませるのがコツです。

こすり塗りやパッティングは、肌への刺激になりシミの原因になるのでやめましょう!

また、化粧水をつけた後、ハンドプレスでギューッと浸透させるのも、強い圧のダメージでシワやたるみになるリスクが心配です。

シミやくすみの予防には、保湿して肌のキメを整えるのが大切。保湿力が高く、美白有効成分がしっかり配合されていて、心地よく使える美白化粧水を選びたいですね。

そこで、専門家に協力いただき、高保湿+高い美白効果+デイリー使いしやすい1本を探して以下のテストを行いました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ