無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネイルチップの取れない付け方・正しい外し方[ネイリスト監修]

美容

minneでも活躍するネイリストさんに、ネイルチップの取れない付け方と、自爪を傷めない正しい外し方を教えてもらいました。爪にやさしいネイルチップライフを楽しみましょう。

メリット

・付け外しが簡単
・100円ショップなどで比較的手に入りやすい

デメリット

・衝撃に弱い

両面テープやシールを使ったネイルチップの付け方

chouette: 自爪の表面に両面テープを貼り、自爪とチップの根元を合わせます。
このとき、根元から空気を抜くように貼り付けるとしっかり装着できます。

chouette: そのまま痛みを感じない程度に、数十秒圧をかけるように押さえると外れにくくなります。

両面テープやシールを使ったネイルチップの外し方

chouette: ぬるま湯に1〜2分程度指先を浸します。

chouette: ウッドスティックを爪とネイルチップの間に入れ、ゆっくりとチップを浮かせるようにはがします。
はがれにくいときはここまでの工程を繰り返してください。
無理やり外すと、爪の層がはがれて傷む原因になりますので注意が必要です。

グルーやジェルを使ったネイルチップの付け方、外し方

ネイルサロンでもよく使われるのが「ネイルグルー」。自爪にしっかりと装着できるのが特徴です。

メリット

・両面テープなどに比べて強度がある
・簡単に取れないため、しっかりと装着したいときにおすすめ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ