無料の会員登録をすると
お気に入りができます

社会人になって友だちはできるのか? 社会人からの友だちづくりのコツ

ライフスタイル

社会人生活を送る中で「なかなか友だちができない」という人がいます。社会人になるとさまざまな人と出会う機会が増えますが、友だち関係にまで発展するような人は少ないのかもしれませんね。では、社会人生活の中で友だちをつくるにはどうすればいいのでしょうか? 社会人が友だちをつくるコツについて、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。

■社会人になってから友だちはできる?

社会人になり、新しい友だちができないどころか減ってしまうという人もいます。また、そもそも「友だちをつくる必要がない」と考える人もいますよね。そこで、「友だちができない理由」や「不要と考える心理」について解説します。

◇社会人はなぜ友だちができにくいのか

友だち関係を維持するには「友だちと接する時間」を捻出する必要があります。学生であれば学校の中で友だちと接する時間が自然とできますが、社会に出ると時間の調整が難しくなります。その結果、友だちと接する時間が減り、友だち関係が希薄になってしまうのです。

また、同じく時間の調整がしづらいことが理由で、新しい友だちをつくることが難しくなります。もし自分が時間をうまくつくれたとしても、相手が時間をとれないと意味がないですよね。こうした理由から、社会に出ると友だちが減ったり、できなかったりするのです。

◇友だちがいらない人の心理って?

たとえば、友だちが必要だと考えている人は、友だちと過ごすことで元気になったり、自分の存在意義を確認したりしています。しかし友だちがいらない人は「友だちがいなくても自分の存在意義は変わらない」と考えており、友だちをつくる必要はないと感じているのです。

そして、「友だちが必要」という考えが正しいわけではありません。恋人だけいればいいと思う人もいますし、恋人も友だちもいらないという人もいます。どの考え方であっても間違いではありませんし、正解でもないのです。

■社会人になってから友だちをつくるメリット

慌ただしい社会人生活を送っていると、次第に「友だちはいらないかも」という考えになりがち。しかし、社会人になってから友だちをつくることには、学生時代のそれとは違ったメリットがあります。

学生時代からの友人は、趣味も合い共感性が高いなど、あらゆる方面で共通点があることが多いでしょう。一方、社会に出てからの友人は、共通点が少なくても「趣味がすごく合う」「仕事の考え方がすごく合う」など、ひとつの方向に抜きん出て気の合う関係になりやすいのが特徴です。

つまり「専門性のある友人」になりやすいので、自分の趣味・嗜好をともに作り上げていくことができるでしょう。また、特定の分野以外は無理に交流する必要がないのもメリット。つかず離れずの気楽な関係になりやすいのです。

■社会人が友だちをつくる4つの方法

それでは、社会人になってから友だちをつくるには、どのように行動すればいいのでしょうか。4つのコツを紹介します。

◇趣味のイベントに積極的に参加する

時間があれば、自分の趣味に関するイベントに積極的に行くといいですね。たとえば、仕事のスキルを伸ばすのが趣味なら企業同士の勉強会に参加したり、音楽が趣味ならライブやフェスに参加したりするということです。外に出ればそれだけたくさんの出会いがありますし、友だちもつくりやすいですね。また、昨今はイベントに参加したことをSNSで発信すれば、同じ趣味を持つ人が声をかけてくれたりします。このように徐々に活動の幅を広げていくといいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ