無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高尾山の麓にホテル「タカオネ」誕生。山歩きに限らないアクティビティを楽しんで魅力を再発見!

旅行・おでかけ

新宿から電車で約50分で到着し、手軽に山歩きや登山が楽しめる高尾山。この夏、最寄り駅である高尾山口駅からすぐの場所に、新ホテル「タカオネ」が誕生しました。日帰り観光地のイメージが強い高尾山ですが、宿泊することで早朝や深夜、四季折々に変化する高尾エリアの表情を楽しめるように。山登り以外のさまざまな過ごし方を提案してくれる宿なのです!

高尾山といえば登山やハイキングが定番ですが、「タカオネ」ではそれ以外の多彩な過ごし方やアクティビティも提案してくれます。
驚くべきは、すべての宿泊プランに薪がついてくること。薪を火にくべて「NAKA-NIWA」(なかにわ)で焚火が楽しめるほか、焼きとうもろこし(500円)、スモアセット(600円)などの焚火調理も可能。気軽にキャンプ気分が味わえるのです。

「NAKA-NIWA」での焚火体験

そのほか、有料ではありますが、事前にオンラインでヒアリングしてもらいながら楽しむ「高尾オーダーメイドツアー」や、陶芸、革小物づくりワークショップなどを体験することができます。
施設のコンセプトは「TURNING!」。高尾山で過ごす時間によって、訪れた人の日々をほんの少し変えるような場所=「TURNING POINT」のような施設を目指したいという想いが込められているそう。

星空が見えるバスルームやテラスで高尾の自然を感じて!

「ルーフトップバスルーム」(9000円〜/46㎡・定員9人)

部屋の種類は全4タイプ。なかでもイチオシは「ルーフトップバスルーム」です。定員9人の室内には二段ベッドが配置されており、学生時代の合宿を思いだして思わずワクワク。

「ルーフトップバスルーム」

階段でルーフトップまで上がるとそこにはなんと、天窓付きの素敵なバスルームがあるではありませんか!晴れた日の夜にお風呂に入りながら夜空を眺めることもできます。

日中には窓から日光が差し込むので、サンルームで過ごすようなとっても気持ちのいいバスタイムが待っていますよ。何度もお風呂に入りたくなるような部屋って、なかなか珍しいかも。

「ルーフトップバスルーム」

バスルームからはコンパクトなテラスにも出られます。そこには椅子が2脚。高尾の自然を見ながらゆっくり読書なんていかが⁉

「テラスルーム」(9000円〜/37㎡~38㎡・定員6名)

アクティブ派には「テラスルーム」もオススメ。広いテラスのスペースを活かして、仲間とヨガやストレッチ、日光浴なども楽しめそう。バスルームからも自慢のテラスが望めます。
テラスには机と複数の椅子が配置されているので、仲間との乾杯や山歩きの打ち合わせ、もちろん仕事にもぴったり。おいしい空気を吸いながらオープンエアのテラスでどんな過ごし方をしようか? と滞在計画を練るだけでテンションが上がってきます。

「テラスルーム」

シングルベッドが3つ連なった寝室で女友達と語り合いながらの夜ふかしも、懐かしい青春の香りがして楽しそう。ほかにも布団セットが3つあり計6名が同じ部屋で過ごせます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ