無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/23〜8/29の運勢]8月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー
続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

悪童のまなざし

今週のふたご座は、言葉にならない思いの前で、ただただ沈黙していくような星回り。

「夏の雲肺ふくらめば言葉消ゆ」(榮猿丸)に描かれているのは、むくむくとどこまでも立ち昇る「夏の雲」。そこには、まだ私たちが自分がいつか大人になるだなんていっこうに想像できなかった頃の「幼な心」を思い出させるかすかな消息が残っています。

ぽかーんとあけた口から、もくもくと立ち昇ったプラーナ(気息)が風にのってどこまでも広がった名残りのようなそれは、私たちを根源的な遼遠に置いていくとともに、遠い未来からの牽引をも感じさせます。

振り返った先に広がっていた「夏の雲」を目の当たりにして、思わずそのはかない消息やまさかの葛藤にとらえられたとき、使い慣れた言葉の数々は脳裡から消えゆき、ただただ大きくふくらんだ肺のからっぽさのなかで、遠く遥かなる感覚だけを呼吸にのせていく。永遠に円熟しない少年の命は、ただ夏の一日なのです。あなたも、そんな在りし日の自分に立ち戻ったつもりで過ごしてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

こわいこわいはとんでいけ

今週のかに座は、生存への意志をあらためて引き出し、受け取っていこうとするような星回り。

1993年に刊行された『完全自殺マニュアル』(鶴見済)の前書きには、次のような有名な一節があります。「これでやっとわかった。もう“デカイ一発”はこない。22世紀はちゃんとくる(もちろん21世紀はくる。ハルマゲドンなんてないんだから)。世界は絶対に終わらない。ちょっと“異界”や“外部”に触ったくらいじゃ満足しない。もっと大きな刺激がほしかったら、本当に世界を終わらせたかったら、あとはもう“あのこと”をやってしまうしかないんだ。」

つまり、自分から死んでしまうしかない。そう促しているかのような一文ですが、本書のあとがきには「『イザとなったら死んじゃえばいい』っていう選択肢を作って、閉塞してどん詰まりの世界の中に風穴を開けて風通しをよくして、ちょっと生きやすくしようっていうのが本当の狙いだ」とあります。

それから30年近くたって、「いつ自分が死んでもおかしくない」という想像力の働く状況がここまで一般的なものになるとは、当時誰も想像していなかったことでしょう。あなたもまた、生きづらい世の中をサヴァイブしていくための基本的な構えを確認しなおしていくべし。

続きはこちらから
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ