無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/23〜8/29の運勢]8月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

星乃せいこさんによる「毎月の運勢グラフ」も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

1ヶ月ごとの運勢グラフ

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

狂ったわけではありません

今週のおひつじ座は、知らず知らず一緒になって活動していたものとのつながりに、気が付いていくような星回り。

「四五人に月落ちかかるおどり哉」(与謝蕪村)は盆踊りについて詠んだもので、英一蝶(はなぶさいっしょう)という狩野派の画家でもあり、歌人でもあった人の絵につけた句。夜が更けるにつれて人がいなくなり、最後に残ったのが四五人であるということで、もう月も落ちかかっている訳です。

それでもこのお月さまの下で、つまり私たちの心の暗かったり、曇ってしまっている部分を、サーっと照らし出されて、思わずこの身が踊りだして止まらない。そうして、踊り狂ってトランス状態になってしまった人たちの熱気というのが、描かれている。

しかも、絵を見ると、実際にそこにいるのはどう見ても三人なんです。つまり、そこに付加されている「一、二人」というのは、ともに踊っている先祖であり、ここでは生者と死者が混然一体となっている、この世の真実相が示されているのではないでしょうか。あなたもまた、意外なところで自分に寄り添い力を与えてくれているものの存在を感じていくことができるかも知れません。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

当たり前のことを当たり前に

今週のおうし座は、自分がもっとも「平常心」でいられる現場を、みずから確保していこうとするような星回り。

吟行とは、俳句の題材を求めて景色のいい場所へ出かけて、その場で何句かを作っていくこと。しかし、ただ名所・旧跡のような“いい素材”を得たからといって、いい俳句ができるとは限らないのです。そのためか、吟行で作られた作品でいいなと感じるものは、大抵どこかひっそりとしていたり、あるいは、余計なこわばりのない、あっさりとした印象のものが多いように思います。

それは、人の目にどう映るかはともかく、自分としては一番ウブな気持ちになって、そういうウブな気持ちのなかにあざやかにみえた風景を17文字で切り取っているからでしょう。そして、そういう一句を自分の作品としていく上で一番大切なことは、「平凡さを恐れない」ということなのではないでしょうか。

今週のあなたもまた、そんな「吟行」に臨んでいるつもりで過ごしていきたいところです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ