無料の会員登録をすると
お気に入りができます

持っておいて損はない!コストコ「エコバッグ」の特徴や使い方をマニアが徹底レビュー

ライフスタイル

コストコの「エコバッグ」をご紹介します!コストコユーザーの必需品といえば、購入した商品を入れるオリジナルバッグ。保冷バッグが有名ですが、実はもう1種類あるのをご存じですか?本記事では「エコバッグ」についてのあれこれを、コストコマニアである筆者がお伝えします。

コストコのバッグは2種類

Photo by akiharahetta

コストコはアメリカ生まれの倉庫店。商品はどれも大容量なため、買い物をするときには大きなバッグが必要です。段ボール箱などで対応することもできますが、ユーザーの多くはコストコオリジナルバッグを使用しています。

バッグの種類は2つ。冷凍食品用の保冷バッグと、もうひとつは本記事で紹介する「エコバッグ」です。どんなバッグなのかさっそく見てみましょう。保冷バッグは下記の記事でご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

軽くて大容量!コストコの「エコバッグ」

Photo by akiharahetta

388円(税込)

コストコの「エコバッグ」は、軽い素材でできた大きなバッグです。2個ワンセットになっており、価格は388円(税込)。1個あたり194円(税込)とお手頃価格です。

売り場はどこ?

Photo by akiharahetta

早くも「欲しい」と思った方がいるかもしれません。ところがこちらの「エコバッグ」、倉庫店内の売り場に並んでいないので、入手方法をお教えします。

まずは普通に買い物を済ませレジに向かってください。会計時にスタッフの方に「エコバッグをください」と伝えると、出してくれます。売り場ではなくレジカウンターで買うと覚えておいてくださいね。

大きさは?

Photo by akiharahetta

続いてサイズを見てみましょう。大きいとお伝えしましたが、実際に計ってみると、横51cm×縦37cm×幅30cmありました。一般的なエコバッグよりも2まわりほど大きく大容量。だいたいの商品はすっぽり入ってしまいます。

Photo by akiharahetta

マチもご覧の通りの幅広さ。大きめの商品、例えばトースターやブレンダーなども、はみ出すことなく収納可能です。しかも形がしっかりしているので、運んでいるときに型崩れしてしまう心配はありません。

容量は?

Photo by akiharahetta

容量は56L。といってもなかなかピンときませんよね。一般的なスーパーの買い物かごの容量は約30Lですので、2倍弱といったところです。コストコで購入した商品を入れてみましたので、イメージをつかんでいただけたらと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ